大人の中耳炎日記

大人の中耳炎体験を公開!中耳炎で悩んでるやつぁ、オラんとこさ来ーーい!!

中耳炎の治療に効果的!鼻風船オトヴェントとは?

      2015/08/22

chg_c031a

こんにちは、ヒゲもやしです。中耳炎アンテナを張り巡らせ、日々情報収集に当たっている中耳炎マニアの私ですが、最近になって非常に興味深いニュースが飛び込んで参りました。

スポンサーリンク

【ニュース】滲出性中耳炎の治療に効果的な「鼻風船」

その個人的に劇熱なニュースがこちら。

滲出性中耳炎に対する「鼻風船」療法の有効性をRCTで検討/英国(MTPro – 2015年7月29日)

滲出性中耳炎(シンシュツセイチュウジエン)とは、鼓膜の奥の中耳腔という空間に滲出液という液体がたまる病気です。代表的な症状は難聴ですが、後遺症として神経性難聴を患うこともあり、ナメてはいけない中耳炎の一つです。

滲出性中耳炎の治療は、一般的に鼓膜切開を行い滲出液を取り除くきます。投薬として副腎皮質ホルモンであるステロイド剤や漢方薬を使用することもあります。

中耳炎体験でも記載していますが、自分の場合、滲出性中耳炎の治療には14日を要しました。その間、難聴というストレスと闘い、かなり疲弊した覚えがあります。

痛さは伴わないけど、地味に精神的ダメージを与え続けてくる、ちょっと陰険な中耳炎、滲出性中耳炎に有効な治療法がある!との論文が発表されたのです。それが先述したニュースです。

とは言っても、画期的な治療方法が発見されたというような類ではなく、従来から一部で行われていた治療方法の有効性が改めて示された、というものです。新治療方法と期待してしまった方、ごめんなさい。

ですが、従来からある治療法とは言え、今回報告されたその効果は大変興味深いものです。マイナーな治療方法だけに、今後の広がりを期待せざるを得ません。

 

鼻風船による治療方法

鼻で風船を膨らませることによって、中耳と鼻腔を繋ぐ耳管と呼ばれる細い管を開放させ、中耳内の気圧と外気圧を等しくさせることが出来ます。これが鼻風船による治療内容です。とっても単純ですね。

これによって、中耳内に溜まっている滲出液を排出させて、滲出性中耳炎の回復を図ることができます。この治療に用いる風船自体は自己耳管通気器具と呼ばれ、オトヴェント(Otovent)という商品名で展開されており、海外で開発された列記とした医療器具です。

日本国内でも販売されています。医療器具ですので、安全性は確立されており、推奨している耳鼻科もありますが、あまり知られていないのが実情のようです。

私自身も、このオトヴェントを使うことなく、滲出性中耳炎を完治することが出来ましたが、使用していたらどうだったんだろうか?、と淡い期待を寄せてしまいます。

スポンサーリンク

その効果は?

最近になって英国で発表されたこの鼻風船による効果は、興味深いものです。原文サイトを翻訳し抜粋したものが以下になります。

4~11歳の滲出性中耳炎を患った子供を対象に、オトヴェントを使用するグループと、使用しないグループに分けて、1~3ヶ月に渡って経過を観察した。オトヴェントは1日1~3回を使用を目安とした。結果、オトヴェントを使用したグループは、使用していないグループよりも、鼓膜の症状に改善が示された。

表1.鼓膜所見の改善の割合

観察期間 オトヴェント未使用 オトヴェント使用(未使用との差)
1ヶ月 35.6% 47.3%(+11.7)
3ヶ月 38.3% 49.6%(+11.3)

 

鼓膜所見の改善の割合を示した表によると、オトヴェントを使用したグループは、使用していないグループよりも、10ポイント以上の差をつけて症状が改善しています。このことから、滲出性中耳炎において、オトヴェントを使用した治療が効果的であることがわかります。

すごいですね、日本ではマイナーな治療法ですが、確実に効果がありそうです。もっと有名でもおかしくないのに、何故ここまで無名なのでしょうか?もったいないですね!

さてそんなオトヴェントですが、日本では名優という会社が輸入・販売していますので、興味のある方は公式サイトをご覧の上、かかりつけの医師に相談すると良いでしょう。

ちなみに、特設ページには以下の説明があります。

オトヴェントは、鼻でバルーンを膨らませることで耳管(耳とのどをつなぐ管)を開き、中耳内圧と外気圧とを等しくする自己耳管通気器具です。

主に滲出性中耳炎の治療に用いられますが、最近では、ダイビングの耳抜き不良の予防のための練習用、飛行機搭乗中の耳痛(航空性中耳炎)の予防、高気圧酸素療法中の耳痛の予防などにも用いられ、小さいお子様から大人まで幅広い年代の方が使用しているユニークな製品です。

ダイビングや航空性中耳炎でも活躍の場があるみたいで、ますます気になりますね。入手できたらレポートしてみようと思います。

 

まとめ

鼻で風船を膨らませる行為が、滲出性中耳炎の治療に効果的であることが発表されました。滲出性中耳炎がなかなか治りにくい方はかかりつけの医師に相談してみると良いでしょう。

安全が確立された医療機器ではありますが、勝手な判断で使わないでくださいね!ちなみに開発元によると普通の風船では効果がないとの見解が出ていますので、くれぐれも、おもちゃ等の風船で代替しないでください。

 - 中耳炎ニュース , ,

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

chg_c007
風邪をひきたくなけりゃ、鼻を保温しろ!米イエール大が研究発表

こんにちは、ヒゲもやしです。お気に入りの超常現象は「ツングースカ大爆発」です。ツ …

chg_c009
「マスクでは風邪も花粉も防げない?」という記事に物申す!

こんにちは、ヒゲもやしです。最近、二日酔いが午後から始まります。深酒した次の日の …