大人の中耳炎日記

大人の中耳炎体験を公開!中耳炎で悩んでるやつぁ、オラんとこさ来ーーい!!

中耳炎発症から1年~その後の症状と再発防止に向けて行った事

      2015/04/18

chg_c021aこんにちは、ヒゲもやしです。時が経つのは早いもので、中耳炎を発症してから1年が経ちました。いい機会なので、その後の症状を中心に報告したいと思います。

スポンサーリンク

あれから1年、気になる症状は?

まずは1年前の中耳炎体験を、簡単に振り返ってみましょう。

発症1日目

体調悪いかも?透明な鼻水が出てくるけど、いつもの鼻風邪だな!⇒詳しくはこちら

発症5日目(初診)

左耳に激痛!急性中耳炎になってもうた!鼓膜切開したよ、痛ぇぇぇ!⇒詳しくはこちら

発症7日目(診察2回目)

痛み無し!でも聴力低下&神経性難聴の可能性も!?心がざわつく⇒詳しくはこちら

発症12日目(診察3回目)

圧迫感あり?滲出性中耳炎になってもうた!鼓膜切開痛ぇ、でもスッキリ!⇒詳しくはこちら

発症16日目(診察4回目)

経過良好♪聴力も回復しつつあるが、こもった感じあり!漢方薬登場!⇒詳しくはこちら

発症25日目(診察5回目)

聴力完全回復!時よりこもった感じがあるが、完治宣言!ヤターお酒飲めるぞー!⇒詳しくはこちら

こんな感じです。波乱万丈の25日間でしたが、今となってはいい思い出です♪

…なんて締めくくるわけありません!後悔と不安の連続で、心身ともに疲弊したのであります。

 

聴力は完全回復!

では発症から1年経過した現在の症状について報告します。

聴力は完全に回復しています。会社のいい加減な聴力検査でも問題ないことはもちろん、日常生活においても全く問題ありません

デビルイヤーも健在で、地獄耳をビンビンに働かせて、情報収集しております(単に小心者という話も…)。

イヤホンやヘッドホンをして音楽を聴いたり、テレビを視聴する時なども、しっかりと聞き取ることが出来ていています。不自然に左右の音量差を感じるシーンも皆無です。

受話器を使用した会話も問題ありません。上司の小言以外は全て鮮明に聞こえており、ビジネスシーンでも不都合な点はありません!。

72時間働けますかを合言葉に、日夜バリバリ働ける屈強なサラリーマンへと、完全復活しております!ジャパニーズビジネスマンであります!

 

でも、やや違和感あり…

聴力は完全に回復しましたが、それ以外も完全に元の状態に戻ったかと言うと、残念ながらそうではありません。

戻ってないというか違和感が残っているのは、中耳炎を発症した左耳です。どのような違和感かというと、右耳に比べる空気の抜け方、通り方が少しおかしいのです。わずかながらこもった感じがするのです。

耳抜きすることを意識しながらツバを飲み込むと、中耳炎を発症した耳側のほうが、ビクンというような音が大きく感じます。表現が難しい…。

耳管が閉じきっているのか、開ききっているのか、定かではありませんが、いずれにしろ正常な右側の耳管と比較すると、コンディションが異なっています。

特に寝起きはその症状が顕著です。耳抜きを何度もしたり、発声をすると、こもった感じのような違和感が和らぐように思います。

ただ、これらの症状に関しては、注意して意識しない限り、気になることはありません。そのため耳鼻科に相談する必要も無く、基本放置しています。

スポンサーリンク

レジャーは再開

中耳炎を発症中に我慢していた各種レジャーも再開しています。運動に始まり、登山プール等、問題なく楽しめています。

もちろん左耳の状態を気にかけながらなので、無茶なことはできませんが、歳も歳なのでちょうど良いのかもしれません。

ただ一つ、再開できていないのがスキューバダイビングです。他のレジャーと比較して、中耳系の器官に対する負荷が大きいこと、そして命の危険を伴うこと、主にこの2つの理由でチキン野郎になっています。

耳管の違和感も残っているので、水中で耳抜きできないとやだなぁ、とか、耳が痛くてパニクって急浮上とかはもっとやだなぁ、とか完治から1年経過してもビビッています。

今年はダイビングを再開したいのですが、無理せず、耳のコンディションと相談したいと思います。

 

中耳炎の再発?

中耳炎の完治宣言後は、中耳炎の再発防止に全精力を注ぎました(げっそり)。

マスク加湿器を多用して、鼻や喉の粘膜の保護に努めたり、こまめに鼻をかんだり等々、日常生活においてできる限りのことをしました。

結果、風邪をひくことも無く、健康な一年を送ることができました、めでたしめでたし。

とはいきませんでした。中耳炎の発症から1年を迎えようとした先日、喉の痛みととみに、大量の鼻水が出てきました。

まさに中耳炎を発症したきっかけとなった1年前の鼻風邪と同様に、鼻水が止まらない状態になったのです。

これはやばい!と本気モードになり、仕事中でしたが、周囲を気にかけること無く、何度も鼻をかみました。その日だけで、ボックスティッシュを使い切りました。仕事そっちのけで鼻をかんでいましたね。

その日は定時ダッシュして耳鼻科に駆け込み、薬を処方してもらいました。おかげで、次の日から鼻水はピタリと止まり、多少ぐずぐすする事がありましたが、結果的に中耳炎にならずに済みました

いやぁ、ほんと焦りましたね。中耳炎を発症した時は、鼻風邪になったにもかかわらず、耳鼻科に行かず放置していたので、あんなことになってしまいました。その反省から、今回は即時対応するように心がけたのですが、これが功を奏したと言えるでしょう。

 

まとめ

中耳炎を発症して1年が経過しました。聴力は完全に元の状態に戻りましたが、耳や耳管に多少の違和感が残っています。

しかし、日常生活やレジャーに置いて、困るシーンは全くありません。

しかし、まだまだ油断は禁物です。鼻風邪も定期的に発症するでしょう。その際は、全力で治療することが再発防止に繋がると思われます。

以上、中耳炎を発症してから1年経過後の状況についての報告でした。

 - 中耳炎体験 , ,

スポンサーリンク

Comment

  1. はる より:

    ものすごく参考になりました。今現在中耳炎の治療中で5日後までに薬で治っていなければ鼓膜を切ると言われてます。
    耳の麻酔ってしても痛いのですね…
    入院が必要なのかどうかが気になっていたので日帰りできるみたいで安心しました。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      コメントありがとうございます!

      鼓膜切開はホントに痛いんですよ~。ですが、ご安心ください、処置はすぐに終わります。「切開」とは言っても、針のように先端が尖った器具を「刺す」だけですので、多少耳の中がゴソゴソしますが、あっという間です(という説明を受けました)。

      鼓膜を障子に例えると、エイヤッーと拳を障子紙に突き刺し、腕を多少上下に動かして、障子紙の亀裂を広げるイメージです(かえってわかり辛い)。

      麻酔やその後の処置等含めても、30分ほどで終わったように思います。もちろん日帰りで済みますよ!

      歯科治療で麻酔の”おかわり”をする事が多い私ですので、麻酔が効きにくい体質なのかもしれません。同様の心当たりがある場合は、処置前に相談してみるといいかもしれませんね。

      なんだか鼓膜切開をする前提でコメントしてしまいましたが、そうならないことを願っております!お大事にしてください!

  2. windy より:

    大変な思いをされましたね.その後の調子はいかがですか?大人の中耳炎についてはあまり社会に認知されていないのでこのようなブログは非常に貴重です.有り難うございます.実は私は60歳ですが1ヶ月前に左耳がひどい急性中耳炎になり、鼓膜切開(2度、麻酔無し!)、薬物治療を経てなんとか聴力は半分以上まで回復してきました.ただ、まだ非常に耳閉感があり、日によって、又一日の中でも時間によって変わるのでなんとも嫌な感じです.この歳になると治るまでにかなりの時間がかかるという統計を見せて頂いたので、これを逆にポジティブにとらえて治療を続けたいと思っています.本当にありがとうございます。
    一つ質問ですが、治療の過程で、耳鳴り、特に鼓動が響く”拍動性”のものに悩まされたことはありませんでしたか?取りあえず血圧も正常ですし、中耳炎のせいとしか考えられないのですが、いまはこれにまいっています。なにかご存知でしたらお教え願えれば幸いです.(耳鼻科でもよくわからず)

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      コメントありがとうございます!

      大人の中耳炎は世間一般には正しく理解してもらえなく、余計に苦しんだりするんですよね。それを解消したくてこのブログを立ち上げたのです。しかし、windyさん、麻酔無しで鼓膜切開されたとは!しかも2度も!あまりに衝撃的だったので逆に笑ってしまいました(ごめんなさい)。

      耳閉感については私も大分悩まされましたが、今では完全に解消されてクリアに聞こえております。ただし、気圧の変化により両耳の耳閉感を感じる際は、中耳炎を患った耳の方が顕著ですね。あと耳抜き(唾を大げさに飲み込む)した際のボコ、ギュン的な音の聞こえ方も、中耳炎を患った耳の方が大きいですが、日常生活での支障は全くありません!

      ご質問の”拍動性”については、多少感じたように覚えています。ブログでは記載していませんでしたが、思い出してみると確かにそんな経験がありました。結構大きな音だったかとおもいますが、静かな部屋で横になっている時など限定で、日常の生活中はあまり感じなかったです。ブログでは記載していないので、それほど悩まされることなく、短時間で収まったと思われます。拍動性耳鳴りの原因の一つとしてあげられることの多いストレスです。中耳炎によるストレスと、耳閉感や聴力を過度に意識してしまうことが要因であるようにも感じます(もちろん個人的な見解ですよ!)。

      耳鼻科でも相談しているとのことですので、医師の指示に従うことが重要ですが、あまり神経質にならずに、治療期間は長くなりますが、気づいたら治ってたなんて事もありますので、ちょっと気楽に(難しいですが)構えているといいかもしれません。

      windyさんの中耳炎が完治し、一日も早く平穏な日々が戻る事を願っております!

      • windy より:

        ヒゲもやしさん、
        丁寧なご返事有り難うございます.そうなんですよね、いつかは治ると気楽にのんびり構えているのが一番、とは頭ではわかってはいるものの、なかなか難しいところです。でも、話を聞いて頂けただけでもちょっとは気が楽になりました。
        鼓膜切開の時は、医者が “痛いよ、痛いよ”と言いながら用意をしていると、誰かが後ろから頭をガバッと押さえて、あっという間に医者が突き刺すという、ある意味で見事な連係プレーでした。自分でも笑えます。
        今日で発症後約ひと月、ヒゲもやしさんのブログからして年齢を考慮すると、まだまだかかりそうですが、気長にやっていこうと(少なくともトライします)思います。

        同じ中耳炎でも人それぞれなので、一概に一般化はできないでしょうが、ヒゲもやしさんのブログは非常に参考になる貴重なものだと感謝しています。また何か教えて頂きたいことがでてくるかもしれませんが、宜敷くお願いします.windyより

        • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

          こんなブログですが、少しでもお役に立てたようでうれしいです。windyさんのご年齢では治療に長期間を要すると思われますが、再発のケースも多いと聞いたことがあります。治ってからもしばらくは注意してくださいね!また何かありましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。いつでもお待ちしております。

          鼓膜切開時の見事な連係プレー、想像すると笑ってしまいました(ほんとうにごめんなさい)。

  3. みみ。。。! より:

    ヒゲもやしさん、こんにちは。

    大人の中耳炎の体験談、興味深く読ませていただきました。発症後からの経過、特に聴力に関する情報はとても参考になりました。

    先週末、子供のインフルエンザがそのままうつり、一昨日の朝、突然片耳がほぼ全く聞こえなくなってしまいました。そこで中耳炎になったとわかりました。私は現在海外在住なのですが、日本とは医療システムが違い、直接耳鼻科へ行くことができません。ここでは、病気になると全般を診るドクターの診察を受け、ドクターの判断で専門科への紹介という運びになります。

    今回は、一昨々日にドクターの検診を受け、インフルエンザという診断を受け、その際耳の痛みを訴えると、鼓膜が少し腫れているので抗生物質を1週間出しましょう、とういうことになりました。その翌朝、起きると耳の痛みが増し、片耳がほぼ聞こえない状態になっており、大変焦りました。音楽を扱う職業をしているもので、大変心配になりました。そこで、昨日緊急でドクターに見てもらったところ、「痛みのある方の鼓膜はちょっと赤くなっていますね。そのまま抗生物質の投与を進めてください。」ということでした。耳が聞こえないのに「ちょっと」という返答があり、本当?と感じました。鼓膜切開については、「この国ではそのような処置はしません。」という返答でした。そして、中耳炎では専門科の診察は無用、ということでした。ですので、現在の私の場合、膿が入ったまま我慢しなくてはならない状態です。鼻をこまめにかんで治りを待つしかないらしいのですが、どう思われますか。。。?(参考にお聞かせください)ネットで調べると、日本の耳鼻咽喉科では、必ず鼓膜切開やチューブ挿入や、吸引機での内容物の除去など、手を加えて治す情報がたくさん見つかりました。しかし、耳が聞こえないのに薬だけでそのまま治るまで待つ、という例はどこにも見つかりませんでした。しかし、この国では中耳炎となれば、抗生物質のみで鼓膜切開など、ては一切加えないのが基本らしいです。国が違えばだいぶ違いますね。。。日本のサイトを見れば見るほど、心配になります。。。

    では。。!

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      みみ。。。!様

      コメントありがとうございます。インフルエンザから中耳炎を発症したのですね、その辛さよくわかります。実は一年ほど前、私もインフルエンザからの中耳炎再発を経験しております。こちらに体験談をまとめていますが、その時は鼓膜切開せずに完治しました(結局耳鼻科には通院しませんでした)。ですので、一概には言えませんが、鼓膜切開せずに抗生物質と抗インフルエンザ薬で完治するケースもあります。

      ご心配されている鼓膜切開の必要性ですが、米国CDCや米国小児学会等の文献において鼓膜切開は推奨されていなかったように覚えております。日本耳科学会の小児性急性中耳炎治療ガイドライン2013年版には下記が記載されています。

      急性中耳炎は、中耳の炎症と貯留液が病態であり、鼓膜切開による排膿、排液は病巣の治癒促進に有効である。しかし、鼓膜切開が急性中耳炎を有意に治療促進するという報告は少ないのが現状である。

      ですので、鼓膜切開が必ずしも必要な治療行為では無くなっているのだと思います。個人な体験では痛みの緩和にかなり効果的でしたので、当サイトでも鼓膜切開にスポットあてておりますが、少し正確性に欠けているかもしれませんね、反省です。

      海外在住ということで、日本とは医療制度が異なっており、不安に思うことが多いでしょう。専門医の診察を受ける前に、かかりつけ医の診察をうける「かかりつけ医制度」、欧州では一般的になっているようですが、今の日本の医療制度の問題点や超高齢化社会を考えると、日本もかかりつけ医制度を積極的に検討すべきなのではと個人的には思います。決して日本の医療制度や医療技術がベストでは無いので、制度の違いや治療方針の違いについて、過度に心配なさらないほうが良いかと思います(なかなか難しいですが)。

      なお、私の経験では、中耳炎を発症した耳を保冷材で冷やことで、痛みを和らげることができました。もし痛みが続くようでしたらお試しください。

      一日も早く、みみ。。。!様の中耳炎が治ることを願っております!

      • みみ。。。! より:

        ヒゲもやしさま、

        お返事ありがとうございます。コメントを書き、ほぼ1週間経ちました。医者から出された抗生剤はもう飲みきってしまいましたが、
        鼻も耳も詰まっているという状態です。中耳炎になった方の耳は最悪の状態に比べると少しはマシになっている様に感じますがまだまだです。痛み止めを飲んでも痛みが残ることがあるので、ヒゲもやしさんの様に冷やしてみます。
        かかりつけ医師制度ですが、予約を取ってから診療までの時間が長いのが難点です。今回の中耳炎も、風邪を引いたときにすぐ医者に予約を入れず、様子を見ているうちに悪化してしまったため、予約を入れたときにはかなりひどい状態まで進行していた様です。
        こちら欧州ですが、「中耳炎になった」というと、人々の反応は「あー、そりゃー困ったね、痛いよね、私も何回もなったわよー。」でした。初めは耳が聞こえなくて焦っていた自分ですが、今は、耳が聞こえなくても半分気にしないまでに。。。。
        それでは!

        • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

          みみ。。。!様

          コメントありがとうございます。抗生物質の服用が終わっても耳の痛みが残るのは辛いですね。ただ、痛みが増していないのであれば、炎症が収まりつつあるのではないかと思います。炎症が進行していると、中耳内の膿が限界にまで溜まり、鼓膜に穴が開いて膿が自然に排出されるケースもあります(破れるまでは相当に痛いらしいです)。

          一般的に中耳炎の治療に必要な期間は長くなる傾向にあります。統計では大人の場合23日を要します(詳しくはこちら)。通院回数は平均で4.2回です。治るまでに時間がかるという心づもりが必要ですが、何度も通院することも重要です。異国の地で難しいことだとは思いますが、頑張ってください!

          しかし、欧州では大人の中耳炎は珍しくないのかな?周囲に共感してくれる人がいるのは心強いですよね。日本だと大人の中耳炎の辛さを周囲に理解してもらえなくて、少しやきもきすることも。

          • みみ。。。! より:

            ヒゲもやし様 こんにちは。

            度々失礼致します。今受けている治療法が興味深いかもしれない?と思って書いております。

            耳がよく聞こえなくなってから抗生物質を処方されましたが、全てを飲みきった数日後にまた発熱があり、元のひどいインフルエンザにかかった時のようになってしまいました。それに伴って耳の容態もさらに悪くなった気がしまして、3度目の通院となりました。一昨日のことです。予約を取ってから診療までに時間がかかったため診療日には熱は下がっており、全体的な症状はよくなっていましたが、耳の方は相変わらずで聞こえが悪く、何かが詰まったような感じは取れておらず、自分の話し声が頭の中で響く状態が続いています。耳の周りを押すと皮膚感覚が麻痺しているのがわかります。

            ドクターによると、鼓膜は破れていないものの、実際のところ両耳が炎症を起こしているとのことでした。聞こえが悪い方の耳は反対側よりも炎症がひどいということらしいです。そして処方された薬ですが、「ホメオパシー」でした。ひつは体の中の水分を流れやすくするもの、もう一つは耳の炎症を和らげるもの、だそうです。すでに聞こえが悪くなってから3週間経ちましたが、相変わらずです。ホメオパシーだと、これまた時間がかかりそうですが。。。日本では中耳炎にホメオパシーは珍しいですか?

            それでは、ヒゲもやしさんもお体に気をつけて!

          • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

            みみ。。。!様

            コメントありがとうございます。炎症が収まらず難聴が続いていて、苦労されているようですね。皮膚が麻痺したような感覚とのことなので、ひどい炎症によって神経が圧迫されているように思われます。ちょっと心配な症状ですが、通院されたとのことなので、ひとまず安心です。

            「ホメオパシー」初めて目にした単語です。耳にしたこともありませんね。ちょっと調べてみたところ、日本語版ウィキペディアには、以下のような説明が。

            ドイツの医師ハーネマンが確立した「健康な人間に与えたら似た症状をひき起こすであろう物質を、その症状を持つ患者に極く僅か与えることにより、体の抵抗力を引き出し症状を軽減する」という理論、およびそれに基づく治療行為

            うーん、ちょっと怪しい治療に感じてしまいますが、海外のサイトを調べてみると、やはり賛否両論起きているようです。科学的に解明できていないとの理由が否定派の主たる主張のようですね。

            ですが、この「毒をもって毒を制す」的な治療に近いものは日本でも存在します。有名なのはスギ花粉等のアレルギー症状に対して行われる「舌下免疫療法」です。舌の下にスギ花粉の液を滴下してスギ花粉症を治すという保険も適用される治療です。最近になって仕組みが解明されたとのことなので、今現在、科学的に解明できていないからといって、ホメオパシーを否定するのもちょっと浅はかかもしれません。

            ホメオパシーの治療薬には植物素材が使われる事もあるそうなので、ひょっとしたら漢方薬に近い効果があるのかもしれません。以前、中耳炎とは別に、突発性の難聴やめまいを患ったことがありました。その際、耳の器官に過剰に溜まっている水分を排出するために、柴苓湯(サイレイトウ)という漢方薬を処方されました。こんなので水分が排出されるのか?と疑いながら飲んだところ、効果てきめん!数日で症状が無くなってしまいました。漢方薬をあまり信じていなかったのですが、ちょっと見方が変わりました。

            ですので、ホメオパシー、騙されたと思って服用を続けてください!効果があるかもしれません。ただ、あまりにも改善が見られない場合には、再度通院するか、またはセカンドオピニオンの検討も必要になってくると思います。一日も早く症状が治ることを願っております。

  4. こめこ より:

    ひげもやしさん、丁寧な解説、参考になりました。
    ありがとうございます!

    私は年明けにインフルエンザに罹患し、インフルエンザ宣言をされた夜に鼓膜が破裂し、翌日に中耳炎と診断されました。
    耳だれが酷く、毎日通院すること2週間、ようやく鼓膜がふさがり、滲出性中耳炎と病名が変更……。
    通院は1週間おきでよくなりましたが、現状、耳がつまった状態が続いています。
    聞き取りにくいし、自分の声の大きさがいまいち分からない状態が続いて、一向に改善していません。
    今日で発症20日ですが、セカンドオピニオンも考えようかと思っています。
    このような状態は急に改善するものなのでしょうか。滲出性中耳炎の先輩の経験を教えていただければと思います。
    宜しくお願いします。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      こめこ様

      コメントありがとうございます!インフルエンザからの中耳炎、さらに鼓膜の破裂、さぞかし辛かったでしょう。現在は滲出性中耳炎を発症されてるとのことなので、まだ心労が絶えない状態なのではないかと思います。

      私の場合、滲出性中耳炎の診断を受けて、すぐにステロイド剤による治療が始まりましたが、数日で大きな改善がありました(詳しくはこちら)。その後やや症状が不安定になりましたが、服用した漢方薬の効果?で徐々に安定し、最終的には完治となりました(詳しくはこちら)。

      このように、ステロイド剤と漢方薬の組み合わせが、幸運にも私の症状・体質にうまく適合したようです。なので、こめこ様の場合も同様の事が言えるわけではありませんが、症状・体質に沿った治療が行われていれば、それなりの期間を要しますが、症状の改善を実感できるはずです。もし症状の改善が見られない場合、かかりつけの医師に相談するか、セカンドオピニオンに頼る等、積極的な行動をとった方が良いと思います。

      ただ、私の場合、聴力については気にし過ぎてしまい、自分で症状が良くなっていないと思い込んでいても、医学的な見地からは改善していると判断される事もありました。なので、ご自分で「改善していない」と判断するのではなく、医師に判断してもらう方が良いでしょう。そのためにもまずはかかりつけの医師の相談をお勧めします。

      一日も早く、こめこ様の中耳炎が治ることを願っております。

  5. 麻子 より:

    2度目の滲出性中耳炎がなかなか完治せず
    通院も大変なのでと医師に勧められた
    オトヴェントでも症状変わらず
    来月から通院して薬を出して
    もらおうと思っています。
    右耳ですが 耳鳴りと聴力低下で
    困っています。
    スイミングに通ってから発病しました。
    友達にダイビングの耳抜きに失敗して
    同じ症状の人がいますが
    治らないと言われたそうです。
    自分も治るか不安です。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      麻子様

      コメントありがとうございます。滲出性中耳炎の再発で苦労されているようですね。既にご存知かもしれませんが、慢性化した滲出性中耳炎には、鼓膜にチューブを通す外科的治療(鼓膜チューブ留置術)が有効と言われています。このような外科的治療も確立されているので、長期化することは珍しいことではなく、治らない病気ではありません。ご安心ください

      ですので、「焦らずに」と言いたいところですが、長期に及ぶ耳鳴りや難聴というのは非常に辛いと思います。今私から言えるアドバイスは、「積極的に通院し、繰り返し医師に相談する事」です。様々な治療を試みる中で、麻子様に合う治療法が見つかるはずです。

      (ダイビング中の耳抜きで鼓膜を損傷したケースとも異なりますので、友人の症状との比較はされないほうが良いでしょう。その方はダイビングに理解のある耳鼻咽喉科医師に相談したり、ダイビング外来や潜水専門外来等に通院したのかなぁ、ちょっと気になります)。

      一日も早く麻子様の滲出性中耳が治ることを願っております。

      • 麻子 より:

        ヒゲもやしさん
        お返事ありがとうございます。
        昨日もその友達と会ってきましたが
        専門外来に通って色々検査したそうです。
        私ももう少し積極的な治療を考えてみます。
        滲出性中耳炎の方に良い報告が出来ればと
        思っています。

        • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

          麻子様

          コメントありがとうございます。是非、積極的な治療を検討してくださいね!良い報告を待っております!

          ちなみに、私、中耳炎発症前は伊豆半島に足しげく通うダイバーでした。中耳炎を発症し切開もした鼓膜が、あの水圧や耳抜きに耐えられるのか心配で、ここ数年ダイビングを再開できていないんです。ご友人の件を聞くと、当分ダイビングは止めておこうかな。。。

  6. むぎ より:

    初めまして。
    中耳炎について色々調べておりこちらのサイトにたどり着きました。
    先週、急性中耳炎にかかりました。
    夜中に突然耳の痛みで目が覚め、翌日に耳鼻科へ。その翌日、耳の痛みは落ちついたものの、頭痛、めまい、吐きけで寝込みました。
    今一週間が過ぎましたが、耳に水が溜まっていて炎症を起こしているようで、抗生剤など服用しています。
    耳に水が溜まっている閉塞感が嫌でたまらず、いつ治るか分からない不安な気持ちでコメントしました。
    鼓膜切開して、膿を出してしまいたいのですが、聴力低下するのか不安もあります。
    明日は、大人数で食事会があるのですが、話をすると自分の声が響いて耳がおかしくなります。楽しみにしているのですが行くか迷っています。。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      むぎ様

      コメントありがとうございます。頂いた内容からですと、急性中耳炎を発症して一週間、滲出性中耳炎を発症したように思えますね。滲出性中耳炎は治療期間が長くなる傾向にあるので、もうしばらく耳の閉塞感や難聴が続くかと思います。私もかなり悩まされましたが、鼓膜切開耳管通気、投薬によって完治し、聴力も完全に元に戻りました。しっかりと治療すれば治る病気ですので、ご安心ください!

      ちなみに滲出性中耳炎を発症した方々からコメントを頂くことが多いのですが、鼓膜切開しない方が多い印象ですね。私の場合、鼓膜切開しましたが、閉塞感や難聴の症状は改善せず、圧迫感が無くなっただけで、その後の投薬によって改善していった印象です。そうそう、耳管通気(耳鼻科にて鼻から空気を通す処置)を行われる方は多いです。

      徐々に回復していく病気ですので、ある日を境にスッキリ!ということはほぼありませんので、焦らず、あきらめず、耳鼻科に通院し続ける事が重要かと思います。それと、お食事会ですね、発言は控えめにした上での”お食事”のみならば全く問題ないかと思いますが、”お酒”は我慢してくださいね。飲酒は中耳炎にとって天敵ですよ~(詳しくはこちら)。当分寒い日が続きますので、風邪にはお気を付けください。風邪も天敵なんです!

      • むぎ より:

        ヒゲもやし様
        ご親切なコメントありがとうございます!
        耳鼻科の先生にも、急性中耳炎→滲出性中耳炎が発症したと言われました。
        人生初の中耳炎で、一週間もすれば(勝手に)治るものだと思っていたのですが、大人の中耳炎は長引くのですね><
        なかなか改善しないと、このまま治らないんじゃないか…と不安になっていたところ、こちらのサイトで他の方々の経験談やヒゲもやし様のコメントを拝読し、安心しているところです^^
        「中耳炎は子供の病気」というイメージがあり、大人の中耳炎はあまり知られていないようですが、もっと知ってほしいですね。

        私の場合、発症した翌日に子供の幼稚園の卒園式がありました。
        朝から痛み止めを飲みながら我慢して、夕方耳鼻科へ直行しました。
        本日の食事会というのは、幼稚園の卒園のお祝い会でした。
        周りと積極的に会話もできず、もちろんお酒も飲まなかったですが、発症して引きこもりがちだったので、よい気分転換になりました。
        まだ通院が続きそうですが、しっかり治して、元気に復活したいと思います!

        • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

          むぎ様

          コメントありがとうございます!そうなんです、大人の中耳炎は長期化します、覚悟しておいてくださいね 笑。とは言っても適切な治療を受けていれば治りますので、ご安心ください♪

          しかし、中耳炎の痛みに耐えての卒園式ですか!これは辛い(泣) 実は他にも中耳炎を治療中の方からコメントを頂いていて、その方も先日お子様の卒園式を迎えたのですが、なんと担任の先生が卒園式の前日に中耳炎を発症してしまったようで、通院もできず卒園式に出たそうです。この時期の中耳炎は本当に要注意ですね!

          大人の中耳炎は孤独な戦いです(当時、私は周囲からは理解されず、子供にも笑われるし。。。ほんとに散々でした)。むぎ様は食事会で気分転換できたとのことなので安心しました。不安に思うことがあれば、いつでもコメントください。お待ちしております♪一日も早く、むぎ様の中耳炎が治りますように。

          • むぎ より:

            ヒゲもやし様
            こんにちは。
            耳鼻科へ行ったところ、炎症は引いているようで、違うお薬が処方されました。
            レボフラキサシン錠、ガスロン、セレスタミン錠、モンテルカスト錠が4日分です。
            これで改善してくれると良いのですが…。
            ちなみに、子供も一週間前くらいから軽い風邪の症状があり診察したところ、軽く中耳炎を起こしていると言われてしまいました。
            一難去ってまた一難…。

            私は、前回と今回、鼻から耳にチューブを通す(耳管通気?)したのですが、処置後に耳の中で「ガポガポ」した音が響き、余計に聞こえにくいのです。特に声を出すと響き辛いです。
            鼻をつまむと抜けて楽になるのですが、先生からやらないように言われました。
            本当でしょうか???

            それと、3回目の通院から耳鼻科を変えました。
            1~2回目(最初の耳鼻科)では、「一週間も経てば良くなるよ」と言われ、抗生物質と点耳薬は5日間で終了。6日目からは、カルボシステイン錠を一日2回飲みだけとなりましたが、改善されず、3回目(セカンドオピニオンの耳鼻科)で、炎症が起きていると診断されて、抗生物質と点耳薬を再開するよう言われました。

            中耳炎は、風邪から発症するケースが多いようですが、当時の私は風邪は引いておらず、今までに耳鼻科にかかったことすらほぼありませんでした。
            耳鼻科の先生曰く、中耳炎は鼻から来るので、疲れやストレスは関係ないと言われました。
            本当に中耳炎は、季節や体調に関係ないのでしょうか???
            風邪を引かないようにするはもちろん、予防などあれば今後のために教えてください。
            耳に良い食べ物や成分(目はブルーベリーが良いなど)ありますか?
            気になります☆

          • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

            むぎ様

            コメントありがとうございます!いろいろとご苦労多いようですね。わかる範囲で答えて行きます!

            まず、耳管通気について。私も処置後はスッキリしましたが、次の日から空気の抜け方が不自然に感じ、自分の声が大きく響くようになりました。耳管開放症を発症したかな?と不安になりました。結局それから1週間ほど経過した後、中耳炎の完治を宣言されましたが、声が響く現象は続き、半年ほどして気にならないレベルになりました。耳管通気は詰まった耳管の通りを良くする処置であるので、必ずしも効果があるとは限りませんが、決して悪影響のある処置ではないので、その辺りの症状とは根気よく付き合う事が必要になるかもしれませんね。尚、鼻をつまんで耳に空気を送り込む行為(耳抜き)は、鼓膜に過度な圧力がかかり、鼓膜を損傷する恐れがあるため、お医者さんのおっしゃる通り、中耳炎を発症中は行わない方が良いでしょう。

            それと、中耳炎は細菌やウィルスが耳管を通って、中耳に侵入し炎症を引き起こす事で発症します。風邪やインフルエンザが原因とされているのは、それらによって誘発される鼻水が耳管を通るケースが多いためです。ですので、風邪の症状に気付く前に、細菌やウィルスが耳管を通って中耳炎になるケースもあり得ると思います。一般的に疲れやストレスが原因とされる病気は、言うなれば原因不明で、疲れやストレスで片づけざるを得ない事を意味しています。中耳炎はその類ではなく、はっきりと原因が判明している病気なのです。もちろん体調が悪いと、細菌やウィルスが増殖し、中耳に侵入する確率が高まるとも言えます。

            ちなみに季節別の中耳炎発症傾向を調べたことがあるのですが、大人の中耳炎は、春にやや多くなる傾向にありますが、どの季節も大差はありませんでしたね(詳しくはこちら)。

            また、中耳炎の予防に効果的な食べ物がないか調べた事があります。青魚やキシリトールガム、イチゴなどです。詳しくはこちらで紹介しています。ただし食べ過ぎには注意です。適度な量の摂取をお願いします!

            大人の中耳炎の治療に要する期間は、平均して23日です(詳しくはこちら)。また中耳炎自体が治った後もしばらくは耳に違和感が残ります。症状が改善されない事も多々あるかと思いますが、粘り強く耳鼻科に通院することが重要です。引き続き頑張ってください♪

  7. むぎ より:

    ヒゲもやし様
    おはようございます。
    急性中耳炎→滲出性中耳炎で治療を続けてきましたが、前回の通院で、耳の水がほとんど無くなり、聴力もほぼ正常に戻りました。
    明日で3週間が経ちますが、自分の声が響いたり耳の詰まった感覚も改善され、気にならないレベルになりました。

    子供の幼稚園卒園式前日に急性中耳炎を発症し、明日は、小学校の入学式なんです。
    桜の空の下、晴れの日を元気に迎えられそうです!

    人生初の中耳炎でパニック&ストレスの中、ヒゲもやし様のアドバイスや体験談に励まされました。
    本当にありがとうございました!

    そして、中耳炎は「耳」の病気と思いがちですが、「鼻」も大切だと思いました。
    私は、ヨガをしているのですが、ヨガの片鼻呼吸を実践したら、鼻の通りが良くなり頭や耳もスッキリしました。花粉症にもおススメの呼吸法です。

    コメントを拝読していると、まだまだ中耳炎に悩まされ、辛い思いをされている方がいらっしゃるようですが、治る病気なので、頑張って乗り越えてほしいと思います。
    私は、これを機に、自分の体質や体調を見直すきっかけにしようと前向きに考えました(治療中は先が見えず、そんな気持ちになれませんでしたが(笑))

    まだまだ寒暖の差がございますが、どうかご自愛くださいね。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      むぎ様

      コメントありがとうございます!ほぼ正常な状態に戻ったとのことで良かったです!そう、中耳炎は鼻から来るんです!私は中耳炎を経験した以降、鼻をこまめにかむようになりましたね。鼻水をすすると、汚染された鼻水が耳管を通って中耳に侵入する恐れがあるらしいです。なので、満員電車の中でも恥を捨てて容赦なくかんでいます(ちょっと迷惑)。

      それにしても、ヨガ、なんか良さそうですね。片鼻呼吸、効きそうな気がする!ちょっとやってみようかな。生活習慣の改善ばかり考えていましたが、体質の改善に着目するのも良いかもしれませんね(ちょっと盲点でした)。勉強になりました、情報ありがとうございます!

      明日は入学式ですか~、天気も良く暖かくて、最高じゃぁないですか!良い一日になりますように♪しつこいようですが、風邪にはお気を付けください♪

  8. りんご より:

    ヒゲもやし様

    初めまして。
    大人の中耳炎について検索していたら辿り着きました。
    まさに同じような状況でしたので、スラスラ読み進めてました。

    先週の水曜日にこの歳にして初めて中耳炎にかかりました。
    鼻風邪(鼻炎なのでそれかと思ってました)から両耳の中耳炎、それと扁桃炎(持病です)にもなってしまいました。

    水曜日に耳鼻科に行き、切開する?と言われたのですが、怖くて断ってしまい、服薬で様子をみたのですが…土曜日に痛み止めが切れ、激痛を味わうことに。
    かかりつけはお休みでしたので、少し遠くの耳鼻科に行き、痛み止めだけ処方してもらい何とか土日を乗り切りました。
    今日やっとかかりつけに行き、ついに鼓膜切開しました。
    左は破れていたので、右のみ。
    ヒゲもやし様の体験談を何度も読み、イメトレしながら。
    全く同じ方法で、全く同じ状況でした。
    痛い!
    膿?水分?が少し取れたそうなんですが、こもった感じは相変わらずで、服薬してるからか痛みは今のところないです。
    たまにタラタラ水分が出てきます。
    処置後に先生が「私の判断が遅くてごめんなさい。痛かったでしょう。お母さんが具合悪いと家庭はまわらないもんね。今日も何もかも手抜きでね。疲れているから早く休んでね。」と言われ、最初に切開断ったのは私だし、土曜日はもともと病院はお休みだったし、家事手抜きしてるし先生は悪くないのに!と恥ずかしながら診察室で泣いてしまいました。
    確かに3月4月とバタバタで、疲れていたのは自分でもわかるほどでした。
    そこに風邪菌が弱いところにきて、負けてしまったそうです。

    しかも聴力ガタ落ちなので、家族や友達とも会話が少ないですし、テレビは字幕を初めてつけました(笑)というかもはや見てません(笑)
    よっぽど痛みがあればまた明日耳鼻科に来てと言われていますが、そうならないことを願って。

    長文失礼しました。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      りんご様

      コメントありがとうございます!両方の耳で中耳炎を発症されたとのことで、さぞかし辛いでしょう。しかも片側は自然に破けたとのことで、かなり痛かったと思われます。さらに土日を挟むなんて、なかなかの経験です!そして鼓膜切開も!(自分の経験が可愛く思えてきます。。。)本当によく頑張りましたね!これまで中耳炎を発症された多くの方からコメントを頂きてきましたが、両耳同時に発症される方は少ないながらも確実におります(りんご様が多分4人目です)。もちろん両耳ともに完治したとのコメントも頂いているので、ご安心ください♪

      鼓膜切開はやはり痛かったですか!こればっかりは体質によるのかなぁ。痛みを全く感じなかったというコメントを頂くたびに、羨ましいなぁと思っていました(痛みの有無は中耳炎の回復とは関係無さそうです)。二回目の鼓膜切開が無いことを祈りましょう!鼓膜切開の文字を見ると、なんだか鼓膜がぞくそくしてきますね 笑

      しかし、先生の温かいコメント、いいですねぁ。ちょっと私も目頭が熱くなりました。淡々と診察して処置するのではなく、患者の不安や苦労、立場をよく理解し、精神面でも支えてくれる医師は素晴らしいと思います。良い先生じゃないですか!なんだか安心しました。是非是非、その耳鼻科への通院を続けてくださいね。

      それと、ゴールデンウィーク真っ只中ということで、特に3日からはほとんどの病院も休診となりますのでご注意ください。休日は無理せずゆっくり休んでくださいね。聴力の低下はしばらく続くかと思いますが、定期的に通院する事で必ず元に戻ります!不安になる事があればコメントください、いつでもお待ちしております♪

  9. ゆず子 より:

    ひげもやしさん、お返事をいただき、ありがとうございました。投稿とか、苦手で、まして、返事が来るとは思いもせず、とても身近に感じられました。
    もう一度読み返しました。
    ため息が出ました。仕事に支障があり、補聴器を探すことにしました。左耳は突発性難聴、右耳は、中耳炎。仕事にならず、我が家の生活が…。がんばらなければいけません。しかし、6日目に少し聞こえていたのが、9日目には、聞こえず、大きな声で話してもらえると聞こえる状態です。耳だれは止まったと、言われたのですが、綿棒を突っ込むと、もれなく血が付いてきます。
    触りすぎですかね。
    とても、聞きたくないのですが、中耳炎中は、飛行機に乗れないのですか?今月末、飛行機に乗る予定でした。無理ですかね⁉
    コメントを読んでいて、青くなりました。
    色々な角度からの戦いが続きそうです(>.<)y-~

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      ゆず子様

      コメントありがとうございます!左右の耳で突発性難聴と中耳炎をそれぞれ発症されているのですか、初めて聞きましたがこういう事もあるのですね。どちらの症状も難聴を伴うもので、さぞ辛いでしょう。仕事に支障が出るとのことで、補聴器を検討されているようですが、医師の判断を仰いでくださいね!特に中耳炎側の耳に装着すると、中耳炎が悪化することも考えられますので、慎重にお願いします。突発性難聴側の耳への装着は問題ないと思いますが。

      そうそう、綿棒で耳を掃除するのは絶対ダメですよ!耳垂れが固着して気になると思いますが、耳の中をむやみに触っても、いい事はありません。耳の中を掃除しようとして、傷つけてしまい炎症が悪化してしまうことも考えられます。気になると思いますが、我慢しましょう!穴の手前を拭う程度に留めておきましょうね!

      あと飛行機ですが、中耳炎を発症中は避けた方が良いと言われています。耳抜き(鼓膜の内側と外側の気圧差を解消する行為)ができないことによって、離着陸時に、鼓膜に痛みを感じたり、あるいは損傷してしまう事があるためです。中耳と咽頭をつなぐ耳管が機能するようになれば、耳抜きも容易になります。今月末に飛行機にのる予定があるとのことですが、あと3週間、順調に回復して行けば乗れると思いますよ!もちろん事前に医師に相談してくださいね。しばらくいろいろと悩みが続くかと思いますが、頑張って下さい!そして定期的に通院してくださいね。今は仕事よりも耳優先ですよ!

  10. こめこ より:

    ご無沙汰しています。
    年明けインフルエンザからの鼓膜破裂のこめこです。
    現況報告をさせていただこうとお邪魔しました。
    3月末ごろにようやく聴力が完全復活とのお墨付きをいただいたものの、閉塞感は続いています。
    聴力には影響してないから治療が必要な症状ではないよ、という医師の言葉を聞き、安心したような絶望したような……。
    もともとアレルギーがあるらしく、そこを治して根治を目指そう!とおっしゃっていただいています。
    鼓膜破裂から4ヶ月。まだまだ長い戦いのようです……。
    (通院日を1週間ブッチしちゃってるのですが…( °∇^)])
    むしろ一生のお付き合いになるのかしら……?

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      こめこ様

      コメントありがとうございます。ついに完治宣言が出たのですね!発症から4ヶ月経過と長期化し大分苦労されたかとおもいます。現在も耳閉感が続いているようですが、ひとまずおめでとうございます!聴力に影響が無いのであればひと安心ですね。

      しかし閉塞感は鬱陶しいですよね。まずはアレルギーの根治を目指すとの治療方針ですので期待しましょう!私も中耳炎を完治して1年ほど経過したある日、突然に耳閉感が現れ耳鳴りも起こり出しました。何事かとすぐに耳鼻科に通院しましたが、病名の診断は出ず、内耳に水分が溜まっている可能性あり、突発性難聴?かもというあいまいな診断でした(内耳の病気は診断が難しいらしいです)。幸運にも処方された漢方薬が効果てきめんで、1か月ほどで完治しました(もちろん今も発症していません)。ですので、こめこ様も今後症状の改善が思わしくない場合は、薬の変更をお願いしてみたりするのも良いかもしれません。一生のお付き合いは嫌ですものね、積極的に通院してくださいね!

  11. こめこ より:

    お返事ありがとうございます!
    やはり大人の中耳炎って大変なんだなーと実感しております。
    とにかく鼻水はかむことが大事なんだということを周囲に広めてます(笑)

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      こめこ様

      そう、こまめに鼻をかむのはすごくいい事なんです!風邪気味かなぁと思ったら、まず何よりもティッシュ確保して鼻をかむ!インフルエンザにかかったときは、不覚にも鼻のケアを忘れて中耳炎になりかけました。。。どんどん広めてくださいね!

  12. ゆず子 より:

    ひげもやしさん、こんにちは!
    アドバイスありがとうございましたm(__)m補聴器は、ドクターに聞いてから、と思い、受診まで待ちました。受診すると、どうして、こんなにひどいんだろう?と。飛行機に乗りたい話をし、切開することになり、切開していただきました。飛行機のためなら、なんのその!です。痛かったですが(>_<)、がまんですね。お陰で聞こえてきました!そして、ステロイドの薬の登場。切開して2日後の今日は、耳抜きをしていただき、だんだん耳の調子がよくなってきたようです。聞こえるって、こんなにいいんですね。車のウィンカーの音まで、しっかり聞いてしまいます。左の耳は、突発なのか、もしかしたら、難聴だったのかもしれないようです。右耳が治ったら、左耳は大きな病院を紹介してくれるそうです。
    光が見えてきました!ひげもやしさん、ではなく、ひげもやし様様です。日記を読まなかったら、どんどん落ち込み、補聴器をつけてぐだくだになってたかもです。
    飛行機に乗りましたら、連絡させていただきますね。まだ、もう少しかかりますが、焦らず、しっかり治します!
    本当に、ありがとうございました。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      ゆず子様

      コメントありがとうございます!お役に立てたようで嬉しいです。しかし飛行機に乗るために鼓膜切開をするとは、なんという行動力でしょう!笑 そしてやはり痛かったんですね。しかし結果的に聞こえが良くなったのですから、一石二鳥?じゃないですか!ステロイドも登場したので、より回復を実感できる機会が増えると思われます。この調子で早々に中耳炎が完治するといいですね!

      通常の耳鼻科では正確に内耳の症状を把握するのは困難なケースが多く、ゆず子様の左耳の難聴はやはり内耳の疾患が原因なのですかね、専門の医師に診てもらえるので期待しましょう!そうそう、飛行機に乗る前にこちらを一読ください。中耳炎完治後に飛行機に乗る機会があったため、それを記事にしたものです。頑張って下さい!!

  13. リンリン より:

    ヒゲもやしさん。はじめまして。

    私はまさに今治療中です。7日前に初めて急性中耳炎になりました。しかも50にもなって。(´;ω;`)ウゥゥ
    夜に高熱が出て翌朝に目が覚めた時には既に右耳に激痛がありました。。
    尋常じゃない、この世の痛みと思えないほどでした。すぐに耳鼻科に行って診てもらったのですが、皆さんのほとんどの方が鼓膜切開されているみたいですが、そのほうが回復が早いのですか?
    その先生は鼓膜切開はせず、抗生物質と他数種類の飲み薬、耳に入れる液薬を処方しました。今は、熱や痛みは収まったので、ステロイドを飲んでいます。気になるのが耳ごもり耳閉感と強い耳鳴りとふらつきが続いています。仕事にも行けず、ずっと休んでいますが、このままで本当に治るのか、元に戻るのか不安で不安で。聴力検査は最初の検査よりちょっとだけ数値が上がってきてるそうなのですが、先生がいうには、耳ごもりなどの耳閉感は徐々に解消されても、耳鳴りや、難聴もどのくらい回復するかは今はわからない。多少残る可能性はあると言われました。(泣)
    先生は泣きそうな私の顔を見て、そんなに悲観しなくても大丈夫だから、とは言ってくれるのですが。やはり改善が実感できないと不安になっていきますよね。私の場合まだ始まったばかりなので回復までの道のりは長そうですね。

    ヒゲもやしさんは、完治したときには耳鳴りもなくなったのでしょうか?

    すぐには治らない病気なのだということは理解できたのですが、こんなにも日常生活に支障がでるとは思いませんでした。私の仕事は接客業なので、このままだとお客さんと会話もままならないので仕事にも行けず、困ってしまいます。
    精神的苦痛が大きいですね。
    ただ、ヒゲもやしさんの完治までの道のりを読ませていただいて、勇気をいただきました。あまり悲観的にならずに頑張ろうと思います。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      リンリン様

      コメントありがとうございます。急性中耳炎を発症されて一週間とのことで、様々な症状に悩まされる頃ですね。ちなみに、鼓膜切開はしなかったとのことですが、海外では急性中耳炎の治療は抗生物質から始まる事が多く、鼓膜切開はあまり推奨されていないようです。日本耳科学会も鼓膜切開が急性中耳炎を有意に治療促進するという報告は少ないとの見解を出しています。鼓膜切開をしなくとも回復に遅れが発生する事はありませんので、ご安心ください♪ただ、痛みがひどい場合は、それを早急に取り除くために鼓膜切開を行う場合があるので、リンリン様の場合は鼓膜切開してもよかったのでは。。。とも思いました。

      私も発症後2週間ほどは耳閉感や耳鳴り、聴力低下に悩まされましたが、会話はそれほど不自由しませんでした。無意識に正常な方の耳を向けていたのかもしれませんね。ご存知の通り聴力の回復には時間がかかりますので、正常な方の耳でカバーできるように工夫する事が必要かもしれません。慣れも大事ですよ!(両耳で急性中耳炎を発症したので無いですよね?)

      尚、私の場合中耳炎の完治には1ヶ月近くかかりました。鼓膜や中耳、耳管、聴力は元に戻りましたが、こもったような感じは完治後もしばらく継続していました。自分の声が耳に響いたり、空気の抜け方がおかしかったりと、完治後も違和感は残っていました。もちろん日常生活にはなんら支障はなく、気になる程度でした。1年以上経過した頃には違和感は全くありませんでしたね。

      大人の中耳炎は長期化しますので、定期的な通院を欠かさないでくださいね。そして前向きに!この二つ大事です!リンリン様の中耳炎が一日も早く治ることを願っております。

  14. リンリン より:

    ヒゲもやしさん、こんにちは。

    早々の励ましのメッセージありがとうございます。
    今朝も、目覚めた瞬間に少しでも何か良い変化がおきてくれてないかな、と期待しつつも何も変化なし。ガックシ….
    めまいは軽減されてきたものの、相変わらずひどい耳鳴り。ただずっと睡眠も取れなくて寝不足だったのだけど、昨日は思いの外眠ることができました。
    ヒゲもやしさんも長期戦で頑張ってこられたんですもんね。
    私も気長にしっかりと治るまで、頑張りたいと思います。
    仕事はやはりしばらくは出来そうもないので、自分でストレスを感じなくなるまでは、生活環境をちょっと変えてリラックスしながら日々を送りたいと思います!

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      リンリン様

      お返事ありがとうございます。そうですね、気長に頑張ってください!というと、無責任に聞こえるかもしれませんが、聞こえに関する症状は気にし出すと過敏になってしまい、本当は改善しているにも関わらずそれに気付かないで、無駄にストレスをため込んでしまうこともあります。ですので、耳の事を忘れられる何かを見つけるのも良いかと思います。それと今後、ひょっとしたら症状が悪化する日があるかもしれません。実際に私もそのような経験をしました。右肩上がりで症状が回復するとも限らないので、多少の波は覚悟しておいた方が良いかもしれません。念のため悪化した症状は主治医に報告して下さいね!

  15. ゆず子 より:

    こんにちは!色々アドバイスをありがとうございます。ひげもやし様、飛行機に乗ってきました!九州に行って来ました!
    飛行機に乗るにあたり、まずは、ドクターがお薬を処方してくださいました。セレスタミン、という薬で、約3時間効く薬だそうです。これを飲むと気圧の変化に対応してくれる感じです。
    ある方が、耳栓をするといい、と言われ、ドクターに聞きました。完璧にふさぐ耳栓があればいいけど、それはないよね。いらないよ。薬を飲めば、大丈夫!と答えてくれました。薬を飲んでいるせいか、飛行機に乗ってる間の方が、耳がいい感じに思えました。個人的な感想です。帰りも忘れず、飲みました。
    中耳炎になって、1ヶ月経ちました。明日、受診してきます。
    まだ、耳のふさがった感じや、耳鳴りはありますが、声のこもる感じは少なくなってきました。きっと回復に向かっていると信じています。
    耳の違和感がありながらの旅行でしたが、とても楽しかったです。行けたことが嬉しかったです。
    次は、完治宣言をされたら、メールさせていただきますね。
    ひげもやし様、喜んでくれるだろうな、と想像しながら、メールしています(^^)
    読んでいただき、ありがとうございます。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      コメントありがとうございます!無事飛行機に搭乗出来たようで安心しました!旅行も楽しめたようで、なんか自分の事のように嬉しいです♪九州かぁ、学生時代に行って九州一周したけど、凄く楽しかったなぁ、ああ、あの頃に戻りたい(笑)

      ちなみにセレスタミン、調べてみるとアレルギー症状を抑える薬で、抗炎症作用があるんですね。これによって耳管の炎症を抑え、耳管が開くことで耳抜きしやすくする、つまり気圧の変化に対応できるようになると思われます。勉強になりました!この薬が効くということは、まだ耳管が本調子に戻っていないのかもしれませんね。ただ私の場合完治宣言後も耳管の調子がしばらくおかしかったので、ゆず子様も時間ととも治ると思います!

      耳の違和感は継続しているようですが、回復を実感できているようなので経過良好なのではないでしょうか!完治に向けて今は大事な時期ですので、くれぐれもお大事にしてくださいね。ここで風邪をひいてしまったりすると、回復が遅れてしまいます。それと鼻水はためない!いつでもどこでもかめる用意と度胸が必要です!(もちろん鼻をかむ際はやさしく) 完治のご報告、楽しみにしています♪

  16. ゆず子 より:

    ひげもやしさま、ご無沙汰です。覚えていますか?セレスタミンで、飛行機に乗り九州旅行したゆず子です!
    あのあとすぐに、完治と、言われました。が、ここからの戦いが大変でした。仕事が忙しいのと、上司への不満でストレスなのかな?耳の違和感がひどかったですね。重くて。でも、それにも慣れてきたのか、よくなっているのだと思いますが、少しずつ、違和感時間が少なくなってきました。
    そして、何より、同じ経験をした方か近くにいたので、色々聞けて、心強かったです。もうすぐ中耳炎になって、3ヶ月です。そろそろ良くなるのかな?と、期待しています。気持ちに余裕がなく、完治に納得できなくて、ひげもやしさまへの連絡が遅くなってしまってごめんなさい。
    でも、きっと、もう少しですよね。頑張ってつきあいます。でも、重く感じるときは、耳鼻科に行った方がいいのでしょうか?迷っていますので、教えてください。
    さて、次は、どこに旅行、行こうかな、考え中です。楽しみがないとですよね。完璧に違和感がなくなったら、連絡させていただきますね。暑い夏を元気にお過ごし下さい。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      ゆず子様

      コメントありがとうございます!もちろん覚えておりますよ♪その後違和感が酷くなったとのことで、ちょっと心配しましたが、慣れてきている様なのでちょっと安心しました。違和感を感じる時間が少なくなっているというのは快方に向かっている証拠です。もちろん慣れもありますが、私の場合もだんだんと違和感を感じる事が少なくなって、気づけば、あ、これ完全に戻ったかも?と思う事がありました。ただ、これも波があって、翌日の朝には違和感を感じる。。。あれ、また悪化しちゃったよ。。。と憂鬱な一日が始まったかと思えば、昼ごはん食べて、うとうと休憩していて、ふと気づくと違和感がなかったりとか。ゆず子様の場合は3ヶ月経過しているので、そろそろ落ち着いてきても良いかなと思いますので、重い症状や違和感が数日から一週間以上も継続して続く場合は医師に相談した良いかと思います。朝だけとか午前中、日中のみなど、時間限定ならばそれほど心配しなくても良いように思います(あくまで自分の体験談に基づくものですが)

      聴覚に影響する病床というのは原因を特定するのが困難なことが多いので、ストレスと診断されることも多いのですが、あながち間違っていないと思います。原因が特定できないからストレスで片付けているのではなく、ストレスが五感に与える影響が多いからだと言えるからです。やはりストレスを取り除くことが回復にもつながると思いますので、楽しみをみつける事はとても重要です!ストレスは感じてあたりまえなので、ためても発散することが大事です!

      歳のせいか、今年の夏は予想以上に手強いです。普段よりも歩く速度が落ちています(ほんとに)。夏バテの兆候か?ゆず子様もお気をつけください♪

  17. うさまるこ より:

    前の日記にコメントすみません!見てくれないかもしれないけどかなり参考になったのと、ノリツッコミがおもしろすぎて、思わずコメントしちゃいました!
    わたくし、まさに現在進行形で、中耳炎に悩まされてます!一回なるとなりやすいって言われて3年。定期的になります。シャワーの水ですらなりかねないため、日々ビクビクしております(っ’-‘ )╮ =͟͟͞͞
    いつもの薬できかなかったため、今日抗生剤の点滴をうってもらいましたが、途中でアレルギー反応がでたので中止しました(;ω;)←もったいない
    ミミが腫れすぎて、中耳炎なのか外耳炎なのかわからない始末です。大人の中耳炎……なめちゃアカーーンですね。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うさまるこ様

      コメントありがとうございます!ちゃんとチェックしてますんで、古い記事でも全然かまいませんよ!しかし、この3年、定期的に中耳炎を繰り返されているとは。。。さぞ辛いでしょう。
      既にご存知かもしれませんが、私からのアドバイス!中耳炎は鼓膜の内側の中耳が炎症を起こす病気で、外部的な要因よりも、内部的な要因によるものがほとんどだと思います。ですので、シャワーとかプールの注意よりも、まずは鼻水!細菌の混じった鼻水が耳管を通って中耳に達し、炎症を引き起こすからです。なので、鼻水はとにかく排出!図書館でも満員電車でも、人目を気にせず容赦なく鼻をかむ!これにつきます!私はこれで再発は1回のみです!(←結局再発してる。言い訳するとインフルエンザの高熱でダウンし鼻水を放置していたからなんです)。
      あと、抗生物質が効きにくくなってる場合は耐性菌の検査をしてもらうと良いでしょう!中耳炎を患っている方からのコメントで耐性菌が見つかったので薬を変更したという話がありました。大人の中耳炎怖すぎですよね、引き続き頑張って下さい!応援してます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

chg_d003
中耳炎の初期症状?なにやら耳の様子がおかしいぞ!(発症4日目)

嘉門達夫ファンのヒゲもやしです。よく聴く曲は「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」と「小市民 …

chg_d007
鼓膜切開の翌日 耳の奥から様々な液体が出てきます…の巻 (発症6日目)

こんにちは、ヒゲもやしです。昨日は朝から耳の激痛に悩まされ、近所の耳鼻科に駆け込 …

chg_c029
【レポート】中耳炎完治後、初めて飛行機に乗りました!

こんにちは、ヒゲもやしです。中耳炎が完治してから1年が経過しました。詳しい現状は …

chg_d008
鼓膜切開後 初めての診察 気になる聴力検査の結果は? (発症7日目)

こんにちは、ヒゲもやしです♪ 最近の悩みは、献血の時、血液を400ml採取するま …

chg_c034
耳鼻科に行かずに中耳炎が完治した話【インフルエンザ編】

こんにちは、ヒゲもやしです。お待たせしました、中耳炎体験の新ネタです!結果から言 …