大人の中耳炎日記

大人の中耳炎体験を公開!中耳炎で悩んでるやつぁ、オラんとこさ来ーーい!!

急性中耳炎から滲出性中耳炎?その症状の違いと治療方法について (発症12日目)

      2015/02/07

chg_d010a大きな球を扱うスポーツが全般的に苦手なヒゲもやしです♪ 手と足のサイズは人よりも大きいのですが、ボールが馴染んでくれないんです。ボールが自ら勝手にするりとよけちゃうんですと、ほんと不思議!

中耳炎を発症して12日目、鼓膜を切開してからしばらく経ちますが、再び圧迫感が出てきました。まだまだ闘いは続きます。恐るべし、大人の中耳炎!

スポンサーリンク

発症12日目 鼓膜切開以降、2回目の通院です

鼻水は少し出ますが、鼻づまりはありません。やはり気になるのは、圧迫感と鼓膜の奥で感じる液体たぷたぷ感です。

昨日の記事でも書いていますが、頭を左右に振るとよくわかります。頭ブンブン!鼓膜タプタプ!ブンブン、タプタプ、ブンブンタプタプ♪

この姿、はたからみると変態です、でももう気にしません、聴力を取り戻せるのならば(大金をはたく以外は)なんでもします!

 

今日は通院日、診察の結果、滲出性中耳炎になりました

そんなこんなで、頭を左右に振りながら耳鼻科へと向います。

今日は待ちに待った診察日です。病院嫌いを自負しているもやしですが、それは過去の事。わたくし、生まれ変わりました。「お医者様は神様です」(逆に危ない)。

早く先生に診てもらいたい!そう思う程に、足取りも軽くなり、小走りになります。同時に頭を左右に振るスピードも。。。(もういいって?)。

さて、待望の診察結果です。炎症は綺麗に治まっているが、耳の奥に水が溜まっているとのことです。通称、滲出性中耳炎(シンシュツセイ・チュウジエン)ってやつです。

急性中耳炎というのは、熱や痛みを伴う中耳炎なのですが、滲出性中耳炎はそのどちらも伴わない中耳炎で、鼓膜よりさらに奥にある中耳腔に液体が溜まるのが特徴です。

もやしの場合は、急性中耳炎から滲出性中耳炎に移行しちゃったのです。でもこのケースはよくあるらしく、先生も予想通りの展開といっていました。

人生のレールを踏み外す事の多いもやしですが、今回ばかりは脱線せずにまっとうなコースを歩んだのです(てへっ)。

スポンサーリンク

また鼓膜切開しちゃいました

その後聴力検査をしたところ、やはり水が溜まっているせいで、聴力が低下していると説明されました。そんなわけで、早速、溜まった水を出すために鼓膜を切開することになりました。

例の電気びりびり麻酔をして、ざっくざっく切開して、じゅるじゅるーと吸い出します。これが痛い!くぅー痛い、たまらん、でもこれですっきりすると思うと、不思議と気持ち良ささえ感じてしまいます。

痛いのに気持ちいい。

違う方向の大人の階段を登ってしまいました。

と、もやしが新世界への扉を開いているうちに、処置は完了しました。

あら、すっきり、圧迫感がない!これはすばらしい!もっと早く切開してればよかった!とうれしい反面、こもった感じは継続しています。つまり聴力は低下したまま、いやわずかに改善しているか?ともあれ、これは全回復に向けた大きな一歩です!やったね♪

処方された薬はこちらです。

  • リンデロン点耳液0.1%…炎症、アレルギー症状を改善する副腎皮質ホルモンの薬(ステロイド剤)

  • リンデロン錠0.5mg……炎症、アレルギー症状を改善する副腎皮質ホルモンの薬(ステロイド剤)

  • ザンタック錠150…胃酸の分泌を抑える薬

  • トリノシン顆粒10%…血管を拡張して血流を改善する薬

  • ベンフォチアミン錠25mg…ビタミンB1を補給する薬

 

NEXT 滲出性中耳炎との闘い それはステロイド剤との闘いでもある (発症13~15日目)

 - 中耳炎体験 , ,

スポンサーリンク

Comment

  1. うしお より:

    ヒゲもやし様
    はじめまして、私は50代のサラリーマンです。
    ヒゲもやし様の中耳炎治療記録ですが、大変参考になります。ありがとうございます。私は発症7日目ですが、昨日の診察で「液体が溜まっています。保存療法または鼓膜切開のどちらが良いですか?」と聞かれ、明後日の診察まで「処分保留」として帰宅しました(頭を左右に揺らしても液体が溜まっているような感覚はないのですが、耳鳴りと耳が詰まった感じがありますので、聴力は低下しています)。医師の話では「切開して液体を出しても早く治るとは限らないため(鼻や耳管の状態が改善しないと、また繰り返す可能性あり)、患者さんが、圧迫感が強いとか、音が聞き取りづらい等の自覚症状が強いときは切開をお勧めしますが、そうでないならこのタイミングでは保存療法で構わないと思います」とのことでした。そこで、お尋ねしたいのですが、ヒゲもやし様はこの2回目の切開の際に、お医者様とどのような会話をされたのでしょうか?私のように保存療法の話もありましたでしょうか?また2回目の切開をされましたが、切開後の痛みはいかがでしたでしょうか?
    私はゴールデンウィーク初日に旅行で飛行機に乗る予定があることを医師に話したのですが、「完治するかは、この時点では何とも言えません」と言われ結構落ち込んでいます。トホホです。。。

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます。中耳炎発症7日目で鼓膜切開するかどうかの判断を迫らているのですね。私が2回目の鼓膜切開を受けた際にどのようなやりとりがあったのかというと、当ブログの元にもなった当時のメモを読む限りでは、医師「鼓膜切開しましょうか」 私「はいっ!」という感じで、即決。保存療法という話はありませんでした。診察時に鼓膜の圧迫感がある事を伝えていたので、鼓膜切開という選択肢のみになったのかもしれませんね。もし保存療法も選択肢としてあったら…迷いますなぁ。鼓膜切開自体の痛みもさることながら、その後の炎症、耳垂れ、入浴時のケア等、1回目の鼓膜切開の悪夢がありますので、保存療法を選んでいたかもしれません。

      ちなみに、鼓膜切開後の痛みについてですが、1回目(急性中耳炎)はかなり痛かったです。切開前に鼓膜が炎症を起こしていたことも起因しているのかもしれませんが、切開後も炎症は続き、数日は痛み止めを服用しました。2回目(滲出性中耳炎)は、鼓膜の炎症は収まっていたこともあり、切開後の痛みはありませんでしたし、1回目とは違い痛み止めも服用しませんでした。切開後の痛みがあるかどうかについて、鼓膜が炎症を起こしているかどうかが左右するのかもしれませんね(個人的な意見ですが)。

      大人の中耳炎が治るまでには平均して23日を要するみたいです(詳しくはこちら)。私もそのくらいの期間を要しました。うしお様の場合は発症7日目とのことなので、あと2週間ほどかかると思っていた方がよいでしょう(統計データを基にしています)。GW前ギリギリで完治も十分あり得ると思いますよ!頑張ってください!尚、飛行機に乗る際は事前にこちらも読んでおいてくださいね!

  2. うしお より:

    ヒゲもやし様

    お忙しい平日にもかかわらずご返事をいただき、ありがとうございました。
    また鼓膜切開については詳細なやり取りをご説明いただき、重ねて御礼申し上げます。

    ヒゲもやし様の場合(1回目です)は、痛みが強くすぐに対処する必要があったためにお医者様が迷わず「鼓膜切開しましょうか」とご提案されたのですね。私もヒゲもやし様のような状態でしたら迷わず同じ選択をしたと思います。

    今回の私の場合ですが、耳に違和感を感じたのが8日前でその翌日に耳鼻科へ行き急性中耳炎と診断され薬を処方されました(その時に痛みはありませんでした)。そして、薬を服用しながら経過を観察していたのですが、発症4日目に耳の圧迫感と最初は小さかった耳鳴りが大音量になり、そして聞こえが悪くなりました。そこで、発症6日目に通院し、お医者様より「選択」を提案されたのです。

    その後、やはり前述しました圧迫感、耳鳴り、聴力の低下が収まる気配がなかったので、本日鼓膜切開を致しました!幸い麻酔はよく効いたのか痛みは全くありませんでした(ヒゲもやし様、すみません。。)切開後の状況ですが、耳だれが始まりました(ヒゲもやし様と同じ症状ですね)。今はティッシュで一生懸命拭き拭きしています(汗)。また圧迫感ですが、かなり軽減されました。ですが、耳鳴りとこもり感はまだ健在です(聞こえは若干回復したような・・というレベルです)。

    ヤマは一つ越えた感じは致しますが、ヒゲもやし様も経験された滲出性中耳炎に移行するのではないかと、ちょっとビビッております(泣)。

    明日も通院して経過を診ていただきますが、ヒゲもやし様の体験談を参考に完治を目指して頑張りたいと思います。

    追伸:飛行機のレポート、大変参考になりました。ありがとうございます。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます!本日鼓膜切開されたんですね。それによって圧迫感はかなり軽減されたとのことなので、ひとまず良かったのではないでしょうか!切開時の痛みを感じなかったというのは羨ましい限りです。ほんと、痛みを全く感じないって、そんなことあるんですね、あの辛さは何だったのだろう…

      切開前も痛みは無く、切開後もこもった感じが継続しているはということは、滲出性中耳炎の可能性もありますね~。嬉しくないでしょうが、私が滲出性中耳炎を発症した時の症状とほぼ一緒です!でも投薬によって完治しましたので悲観することはありませんよ!聴力も元通りになります。問題は治療期間ですね。滲出性中耳炎の治療は長引く事が多いです。当サイトにコメント下さる方も、滲出性中耳炎の長期化で悩んでいるケースが少なくありません。回復が緩やかなので、皆さん不安になられるようです。

      うしお様はこまめに通院されているようなので安心しました。中耳炎というのは刻々と症状が変化する病気です。痛みや圧迫感から始まり、聴力の低下や耳がこもったような感じに遷移し、それが治りだすころには自分の声が耳に響くといったように、様々な症状を経験します。ですので症状に応じて適切な治療を受ける事がとても重要です。定期的な通院を継続してください!うしお様の中耳炎が一日も早く治る事を願っております。

  3. うしお より:

    ヒゲもやし様

    コメントをいただき、ありがとうございます。ヒゲもやし様のコメントに励まされて、「きょうも頑張るぞ!」と、本日も通院いたしました。

    実は昨日の鼓膜切開後から黄色い耳だれが止まらない状況だったのですが、お医者様の診断は「これは症状が重いかもしれませんね」と言われまして、急性中耳炎が絶賛進行中とのことでした。診察内容としては、昨日に続き膿の吸出しと洗浄、そして薬の投入を行いました。処置内容を見てみますと、昨日はタリビット耳科用液0.3%でしたが、本日の治療ではロメフロン耳科用液0.3%が使用されていました。このロメフロンですが、ネット調べてみますとタリビットよりも強力な薬のようでして、処置後はピタっと耳だれが止まったのですが、残念ながら治療から約5時間経過後に薬の効果が切れたのか分かりませんが、再び耳だれが始まりました(涙)。出てくる液体は同じく黄色いものです。これにはさすがに落ち込みました。また今夜も枕を濡らさないように寝なければならないのかと・・・。ちなみにですが、ヒゲもやし様は耳だれの際の就寝スタイルは患部の耳を上にして、横になりお休みされていましたでしょうか?昨夜の私は初の耳だれを伴う就寝でしたので、患部の耳の上下で悩んだのですが、結局患部を上にして寝ました。
    (耳には脱脂綿をテープで張り付けて寝ました)

    この耳だれですが、恐らく明日、そして月曜日の明後日も続くと想定されますので、通勤時と会社での執務中にどう対応しようかと悩んでおります。ヒゲもやし様は具体的にどのように対応されたのでしょうか?ご教授いただけると幸いです。ちなみに職場の仲間には、すでに中耳炎であることを伝えておりますので、職場の仲間の協力で明後日の月曜日も通院できそうです。

    まだまだ先は長そうな気配ですが、めげずに完治に向けて引き続き頑張りたいと思います。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます。急性中耳炎が絶賛進行中だったのですね、予想外れてしまいました。確かに、黄色い耳垂れが止まらないというのは典型的な急性中耳炎の症状です。私も1回目の鼓膜切開後、数日間は耳垂れが続きいろいろと悩まされました。まずは、うしお様の疑問の一つ、就寝中ですね。個人的な感覚として、膿は出し切った方が良いと考えていたので、鼓膜切開した患部側を下にして横になりました。医師から指示された分けではありませんが、なんとなく中耳内に液体が残っている状態は避けたかったのです。患部を下にするので、枕にタオルをかけ、さらにティッシュを数枚重ねて、その上に患部を配置しました。寝返り等で常に患部を下にすることは難しいのですが、できる限り下にしようと心がけました。朝ティッシュを確認すると、ものの見事に黄色くなっていた覚えがあります。他の方からも同様の質問を受けたことがありますが、同じように患部を下にと回答しています(両耳鼓膜切開した方からコメント頂た時は、一瞬考えてしまいました 笑)。

      私の経験から数日の間は耳垂れが続くと思います。通勤途中や勤務中など、場所と時間に関係なく耳垂れが起こるので、すぐにティッシュで拭えるようにしていました。具体的には、外耳に液体が溜まりだし耳たぶを伝って液体が落ち始める瞬間に、さっとティッシュで拭うという感じです。その際にティッシュを耳に少し押し込み、液体を吸い取るようにすると、次の耳垂れまでの間隔を広げる事ができます。幸か不幸か、耳垂れがピークの時は外部のセミナーに参加していました。そのため患部の耳が壁側になるように席を確保し、講義中は人目につかない様に耳垂れを吹いていました。もちろん自分の職場には中耳炎であることは報告していたので、自社での勤務中は遠慮なく耳垂れを拭いていました(職場では笑い話にしちゃうと楽ですよ。当の本人は心の中では全く笑っていませんでしたが)。

      耳垂れが無くなると精神的にぐっと楽になります。今しばらくの辛抱です!頑張って下さい!

  4. うしお より:

    ヒゲもやし様

    就寝時のアドバイスをいただき、ありがとうございました!
    アドバイスに従い患部の右耳を下にして就寝しました。今朝起床し、脱脂綿を見てみると結構な量の黄色い液体が脱脂綿に付着していました。「うわっ、結構出てるな・・」と焦りました。ですが、起床してしばらく時間が経過すると耳だれの量が減り、現時点では殆ど出てこなくなりました。「ん?これは何を意味しているのかな」と一人悩んでおりますが、起床してカラダが直立状態になりますので、耳管の働きで、出てきた耳だれが耳管から排出されているから?(ということは耳管の機能が戻った?) とか、たまたま耳だれの生産が止まったのか? とか、切開した鼓膜が元に戻り始め「耳だれの出口」が塞がれてきているのか?、・・・と、あれこれと推測しております(^^;

    現在の症状ですが、こもり感はありますが、圧迫感は殆どありません。ですが、耳鳴りは絶賛継続中で、聞こえもよくありません(泣)。ただ、何となくほんの少しだけ楽になったような感じがします(微妙な感覚のですが・・・)。

    本日は休日ですので、終日リラックスして過ごしたいと思います。
    明日はまた通院の予定です。引き続き頑張りたいと思います。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます!その後耳垂れは落ち着いていますか?耳から液体が出てくるってなかなか経験できませんからね、当時私も気になってしょうがありませんでした。液体はどこから来るのか、どこから出てくのか、リアルタイムで中耳の断面を見てみたいと思いましたよ。

      耳鳴りも嫌ですよね、気になりだすとますます大きく聴こえて来る気がして。一番嫌だったのが、耳鼻科での聴力検査している時の耳鳴りでした。検査音よりも耳鳴りが大きく聴こえて、これじゃ正確な聴力が測定できないんじゃないかとやきもきしました。

      しばらくはスッキリしない状態が続くと思いますが、今週は大事な一週間になる気がします!滲出性中耳炎に移行するかどうかの分岐点?こまめに通院するのが最良です!引き続き応援しております!

  5. うしお より:

    ヒゲもやし様

    コメントをいただき、ありがとうございます。
    耳垂れですが今日は殆ど出てきませんでした(出てきたのは点耳薬のタリビッドを耳にいれた直後だけで、その後は全く出てきませんでした)。これが何を意味しているのか・・・私には全く分かりません。ちなみに本日の耳の症状ですが、これが昨日とほぼ変わらない感じです。耳鳴り、こもり感(つまり感)、そして聞こえの悪さ・・・ん~、同じです。。。

    ヒゲもやし様がご指摘された滲出性中耳炎。今週は大事な一週間ですね!
    しっかり通院して完治に向けて一歩一歩前進できればと思っております。

    明日は通院しますので、診察結果をまたご報告したいと思います。
    ありがとうございました。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます!耳垂れが落ち着いたようですね、急性中耳炎が収まりつつあるのかも。ひとまず前進したのではないでしょうか!聞こえの悪さは中耳炎特有の症状で、中耳炎を患った方全員が悩まされます。適切な治療で必ず治りますので、ご安心ください!明日の通院、まず気になるのは鼓膜の状態と聴力ですかね。ご報告お待ちしております!

  6. うしお より:

    ヒゲもやし様

    コメントありがとうございます。
    本日の診察の結果を報告いたします。
    まず、鼓膜の切開を先週金曜日に行いましたが、2/3ほど塞がってきているということです。耳垂れですが、切開した日から徐々に減少しておりますが、診察時にお医者様が「まだありますね」ということで、耳垂れの吸引を行いました。そのあと洗浄し、本日はリンデロン点眼・点耳・点鼻液が投入されました。吸引は今回で3回目ですが、投入される薬品は「日替わり定食」のように毎日変わっております(笑)。このリンデロンですが、ヒゲもやし様の闘病記録にも出てまいりますが、ステロイドですよね?このタイミングでステロイド投入のご判断をされたお医者様の意図とは?・・なんて考えてみたのですが、止めました(笑)。お医者様のご判断ですから、患者である私は素直に受け止めたいと思います。

    診察が終わり、お医者様が「明日は来院できますか?」と言われたので、「もちろんです!」と私が答えると診察室に笑いが・・・。ということで、明日も通院します。お医者様は「鼓膜が開いているうちに、やれることをやりましょう」とお話しされていたので、明日の「日替わり定食」が楽しみです(笑)。*吸引も3回目になりますと慣れてきまして、吸引されている時が今では気持ちよくなってしまいました(笑)。

    さて聴力ですが、特に変化はなく聞こえがよくありません(泣)。健康な左耳を塞いでみると、殆ど聞こえません。ただ、受話器をあてると「プー音?」は若干弱くなりますが、ハッキリと聞こえます。きょうの診察ではお医者様にその件を確認し忘れたので、明日の診察でお聞きしようと思っています。ちなみに明日は会社の健康診断ですので、聴力検査がある意味で楽しみです(笑)。でも聴力は戻るのか?ちょっと不安になります。。。それと耳鳴りも絶賛継続中です。

    それでは、またご報告いたします。
    ありがとうございました。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントお待ちしておりました。引き続き急性中耳炎が続いているようですね。リンデロンは炎症を止めるために広く使われる薬品ですので、中耳・耳管の炎症が続いているのかもしれません。私は滲出性中耳炎でリンデロンを処方されましたが、滲出性中耳炎も中耳や耳管の炎症によって、中耳の換気・排出ができなくなることに起因していますので、同様の対処となる部分もあるかと思います。抗生剤によって細菌やウィルスを撃退し、残った炎症を取り除く目的でステロイド剤を使用するケースは多いので、着実に前進しているのではないでしょうか!薬が日々変わるとのことですが、積極的な治療が行えているようなので、なんだか良いお医者様な気がします。患者のためにあれこれ考えて、繰り返し対応してくれる医師って、案外少ないと思っています。

      それにしても、お医者様の指示通りに通院されているようで素晴らしい!ほんとこればかりは本当に言う事を聞くしかありません。私も平日だろうと指示あらば耳鼻科最優先でしたからね。そうそう、徐々に耳鼻科に通院するのが楽しみになるんです 笑

      明日は会社の健康診断なんですね。私も急性中耳炎を発症しているまさにその時に会社の健康診断で聴力検査を受けました。体験談に書いているのでご存知かと思いますが、結果は正常!この検査は何の意味があるのだろうと疑問に思ったものです。中耳炎発症中なので検査結果は悪くて当たり前です。聴力検査を楽しんじゃうにもアリですね。こんな体験滅多にできませんよ♪

  7. うしお より:

    ヒゲもやし様

    追伸です。
    先程食事中に食べたものを飲み込んだら、鼓膜が「バキッ」(うまく表現できませんが)と鳴り、声がさらにこもって聞こえるようになりました。自分の声が、かなり大きな音量で自分のアタマの中に響き渡るので、発声するのをちょっとためらってしまいます。先程もクスリを飲む際に「バキッ」が出ました。ヒゲもやし様はこのような症状はありましたでしょうか?(耳のつまり感は、相変わらず残っています)

    お手数をおかけし申し訳ございませんが、ご教授いただけると幸いです。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      「バキッ」っという音ですか。切開した鼓膜から染み出た膿や液体が外側の鼓膜表面で乾燥し、咀嚼する時などの鼓膜が動くタイミングで、鼓膜表面でパリッと割れたのかなと思います。そう言われてみると、自分も経験したような気がします。痛みが無ければ大きな問題はないと思いますよ。声が響く症状がこれに起因しているかは定かではありませんが、声が響く現象は中耳炎終盤で経験しました(発症17~24日目)。当時個人的に調べた感じでは、耳管が通り始めたのではないかと思います!(耳管開放症か?なんて疑ったこともありましたが)

  8. うしお より:

    ヒゲもやし様

    コメントをいただき、ありがとうございます。
    本日も診察いたしましたが、冒頭お医者様から「4月14日に切開した鼓膜は閉じましたね」と言われました。私の鼓膜は硬いそうで、お医者様からは「早期に閉じると思います」と言われていたのですが、4日で閉じてしまいました。私としてはもう少し開いていて欲しかったのが本音です。そのほうが外気が取り込めるので、中耳内に溜まった液体を耳管経由で排出促進できるかな、なんて思っていたのです。ですが、閉じてしまった今、あとはある意味「自力」で回復へ向かうしかありませんので、ここからはもう神のみぞ知るの世界です(笑)。

    患部の状態ですが、一応回復はしているとのことで、クスリを飲みながらちょっと様子見だとお医者様に言われました。
    きょうのメインは耳管から空気を鼓膜へ送る処置を受けました。これはその名の通り、空気が一気に鼻から耳へ抜けるような感覚でして、処置が終了したあとに耳の聞こえを確認しましたが、殆ど変化がなく悪いママでしたので、次回の診察で聴力検査を行う可能性が出てきました。自分の声がこもる感じも相変わらずで、私としては???な感じです(健康診断の聴力検査も全くダメでした・・・)この処理の最中に「つばを繰り返し飲んでください!」と言われ、やってみましたが、例のバキッが登場しました。ヒゲもやし様も経験されていたとのことですが、お医者様は「問題ないですよ」とアッサリした返答でした(汗)。これって、結構気になるのですが、なんか、トホホです。

    次の診察はお医者様のご都合で金曜日になります。通院できない明日、明後日の2日間がヤマですね。クスリもいただきましたのでしっかり飲みたいと思います。
    この期間に回復基調になるのか、そうでないのか、、神様に祈りたいと思います(実際に近所の観音様に早期回復をお願いしちゃいました(笑))。

    でも耳管の通気処理はクセになりそうですね(笑)

    それではまたご報告いたします。
    ありがとうございました。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます。早い内に鼓膜が塞がったのですね。確かに鼓膜に穴があったほうが、中耳の換気が行えて良いんですよね。鼓膜にチューブを残置したり、レーザーによる鼓膜切開を行ったりと、鼓膜の穴を長期間維持するための処置もありますが、現段階では投薬で様子を見る段階と思われますね。一応回復はしているとのことなので、前向きに捉えていいと思います♪

      そして耳管通気やられたのですね(滲出性中耳炎ではないのかな?)。あまり効果がなかったようですが、毎日耳鼻科で耳管通気をしてもらい結果完治したというコメントを頂いたこともあるので、人によって効果に差があるのかもしれません。耳管通気は滲出性中耳炎で行う事が多いのですが、こもりや聴力が改善するというよりも、換気することで中耳や耳管の状態を改善することを目的とすることが多いので、劇的な改善は難しいのかも…(私は直後にすっきりしたんですけどね)

      明日明後日は通院できないんですね。私は4~5日間隔で計5回の通院で完治しましたし、統計的にも4.2回で完治しているとの調査結果もありますので数日通院できなくても大丈夫なはずです、ご安心ください!大人の中耳炎は長期化するので、ここらで腰を据えて治療に向き合うのもアリかなと思います!

  9. うしお より:

    ヒゲもやし様

    コメントありがとうございます。
    本日ですが、通院いたしました。
    まず中耳炎ですが、これは「完治宣言」が出ました。
    ですが、耳鳴りと聴力の低下が気になると私が申告したところ、お医者様は「中耳炎が収まると、聴力は完全ではないが、そこそこ戻るので、おかしいですね」とおっしゃり聴力検査を受けました。検査の結果は・・・内耳炎と診断されました(涙)。

    まさか、内耳炎にステップアップするとは。。。
    びっくりしました。こんなことがあるのかと。。。

    自覚症状は、耳鳴りとつまり感、こもり感(自分の声が患部の右耳を中心に響きわたるため大きな声が出しづらい)そして聞こえの悪さで、これは中耳炎を発症したときからあった症状でした。そして最近になってこれらの症状につばや食べ物を飲み込んだときに鼓膜?からバキバキ音が出るようになったことです。ん~、内耳炎とは。本当なのかなと一瞬思いましたが、お医者様の診断ですので、信じることにしました。→聴力の検査結果が内耳炎を示していたようです。

    お医者様は「中耳炎から内耳炎になるケースは結構あります」と説明され(内耳炎の説明は省きますね)、聴力を戻すために新しいクスリが処方されました。→プレドニン錠5mg、レバミピド錠100mg、メチコバール錠500μg 0.5mg、アデホスコーワ顆粒10%の4種です。プレドニンはステロイドで朝昼夕と飲む量が異なります。
    お医者様は「これらのクスリを4日間飲み切った来週火曜日に来院ください」とのご指示でしたので、次回の通院は4月25日です。

    ところで中耳炎が治ったので、「飛行機に乗れますか?」とお聞きしたら、「耳抜きができるかどうか分からないので、こればっかりは乗ってみないと大丈夫かどうかは分かりません」と意外なコメント。えっ、だって中耳炎は完治したのに・・乗ってみなけりゃ分からないなんて、それは耳管が正常に機能するか分からないってことなのかな?・・・じゃあ一生乗れないの???、とアタマが真っ白になりました。ネットで探すと航空機用耳栓がありましたので、これを装備して乗るしかないのかな、なんてことも考えました。中耳炎の完治=飛行機解禁だと思っていた私には衝撃のコメントでした。ちなみにですが、ゴールデンウィーク初日に家族旅行で飛行機に乗る予定があるのですが、まだキャンセルはせず、ギリギリまで頑張るつもりです(汗)。。
    でも、ムリかな。。。

    本日で発症してちょうど2週間です。中耳炎から内耳炎になりましたので(泣)、今度は「大人の内耳炎」の完治を目指すことになってしまいました。。。トホホです。。。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます。中耳炎の完治宣言が出たとのことで、おめでとうございます。。。と言いたいところですが、内耳炎ですか!展開が早いですね、ことごとく予想が外れてしまいました。中耳炎からの内耳炎、コメント頂いたのは初めてですが、結構多いのですね。実は私、中耳炎を発症してから1年ほど経過した頃に、内耳系の疾患にかかりました。病名を書けないのは特定できなかったからです。鼓膜の状態から症状を判断できる中耳と違って、内耳は視診ができません。大きな病院であればCTやMRIで画像診断できるでしょうが、一般的な耳鼻科では聴力検査や平衡感覚検査でしか判断できません。当時は聴力の低下と耳閉感、耳鳴りがありましたが、病名不明のまま投薬によって1か月後に完治しました(ステロイドと内耳の水分を減らす薬がメインでした)。うしお様も薬が効くといいですね。

      ゴールデンウィークの家族旅行、難しい判断ですね。中耳炎が完治したとはいえ、耳管が本調子に戻っていないと耳抜きができず、痛い思いをする可能性もあります。とはいえ、ある程度耳管の機能は回復していると思うので(だからこそ完治したわけで)、飛行機は厳戒態勢で臨みたいところですね。耳抜きできるかどうかの判断ですが、自宅等の地上で唾を大げさに飲み込んだ時に、鼓膜が音とともに多少振動していれば耳抜きできていると判断できます。さらに鼻をつまみながら同じく唾を大げさに飲み込み、明らかに鼓膜が膨れるようならば完璧です。間違っても鼻をつまんだままもいきんだりするのはNGです。病み上がりですので鼓膜を傷つけてしまう恐れがあります。最初はやさしく、鼓膜に神経を集中させ、耳抜きによる鼓膜の変化を感じ取ってください。練習してみてください!耳抜きをマスターすれば飛行機も平気だと思います。ちなみに、航空機用耳栓は装着時の圧力で鼓膜を傷つけてしまう恐れがあるため、慎重に装着してくださいね!

  10. うしお より:

    ヒゲもやし様

    コメントありがとうございます。
    また耳抜きについて貴重なアドバイスをいただき、重ねて御礼いたします。

    早速、2つの耳抜きにチャレンジしてみました。結果は一応耳抜きはできているようです。ただ、鼓膜の音は相変わらず「バキッ」というものですが、なんとなく空気が鼓膜を外側へ押し出しているような感じがします。ヒゲもやし様のアドバイスに従い適度な間隔で耳抜きの練習をしようと思っておりますが、普通に生活していて結果的に耳抜きになる行為を結構勝手にやっているんだなと、意識してみると気づきました。きょうは休みでほぼ自宅でのんびり過ごしていましたが、お茶を飲んだり、食事をしたりと、意識するとその都度鼓膜が反応していることが分かります。ですが、こもった感は相変わらずありまして、特に朝起きた時のこもり感と聴力の低下が結構あるのですが、起床して徐々に両方の症状が軽減されていくことに気づきました。今現在はつまり感はそれほどでもなく、聞こえもそこそこ回復しています(クスリの影響もあるのかもしれません)。ただ、声が大きくこもる感じはほぼ常にあり、鼻から息を吸い込むすーという音が結構なボリュームで鼓膜に伝わってきます。ちなみにこの症状は鼓膜の状態によって急にこもり感がほぼ無くなったりするのです。うまく表現できないのですが、鼓膜が外側に膨らむと、こもり感がアップする感じです。まだ鼓膜の状態が安定していないのかな・・なんて勝手に思っています。

    ところで、ヒゲもやし様は航空機用耳栓をご使用になったことがあるのですね。装着時に圧力がかかるとお聞きし驚きました。これは注意して使用しないといけませんね。実際にお使いになって、オススメの耳栓がありましたら、ご教授いただけると幸いです。ちなみに私は今まで仕事で飛行機は何度も利用していますが、耳抜きで苦労した経験は一度もありませんでした。しかし、今回ばかりはさすがに慎重に対応せざるを得ない状況ですので、搭乗の可否も含めてしっかりと検討したいと思います。

    大人の内耳炎、完治まで頑張ります!
    ありがとうございました。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます。耳抜きは出来ているようですね、鼓膜を外側に押し出しているのか感じ取れているのならば、耳管も正常に機能していると思われます。無意識に行っている耳抜きなのですが、意識的に行おうとすると難しく、苦手に感じてしまう方もいらっしゃいます。普段から意識的に耳抜きをする練習をしていれば怖くはありません。この調子でしばらく続けてみてください!
      こめかに力を送り込むような感覚で唾を飲み込むと良いです(私はスキューバダイビングを趣味としているので、潜水中の必須行為である耳抜きについてはちょっとうるさいです 笑)。ちなみに意識的に耳抜きすると、一時的にこもったような感じになりますが、これは正常な反応ですのでご安心ください。

      朝はこもった感じが強いとのことですが、私も同様の症状でした。時間がたつにつれてクリアに聞こえてきますが、それを繰り返す日がしばらく続いたものです。良い兆候だと思われますよ!

      そう、航空機用耳栓ですが、私使用経験はありません、ごめんなさい。以前、気になって調べたことがあったので。航空機用耳栓は健康な状態の人が使用する前提ですので、中耳炎を発症している方にはお勧めできないと思ってます。うしお様は完治しているので、使用自体は問題ないと思いますが、やはり心配なのは装着時です。航空機用耳栓は鼓膜への急激な圧力変化を抑止するものですので、いわば鼓膜に栓をするようなものです。なので装着する時にはそれなりの圧力がかかりますので、鼓膜が敏感な状況では十分に気を付けてくださいね。

      もし飛行機に搭乗するのでしたら、念のため事前に耳鼻科で痛み止めを余分にもらっておくと良いかもしれません。旅行先が国内でもGW中ですので、病院にかかる事が困難なケースも想定されます。万が一耳に痛みを感じた場合は薬で抑えられると安心です。処方してもらえないか相談してみると良いでしょう。あくまで、お守りみたいなものです、持ってるだけでも精神的に楽なはずです!

  11. うしお より:

    ヒゲもやし様

    コメントをいただき、ありがとうございます。
    また航空機用耳栓についてさらなるアドバイスをいただき重ねて御礼いたします。
    この航空機耳栓ですが、ヒゲもやし様がおっしゃる通り装着の大前提は「健康な耳の状態であること」ですよね。私はこの重要なポイントを失念しておりました。ご指摘ありがとうございます。次の通院は明後日ですので、お医者様にも使用について相談してみます。中耳炎は完治宣言が出ましたが、現在も鼓膜が「バキッ」とよく動いているので、通常の状態とは明らかに異なっておりますから、この辺りも要注意ですね。

    さて、本日症状ですが、前述しました鼓膜の「バキッ」(とにかく、よく鼓膜が動いています)と、それに伴う声のこもり感があります。また、つまり感もかなり低減しましたが、まだ残っています。一方で、耳鳴りは若干ボリュームが下がったような感じです。聴力はそこそこ聞こえますが、正常時の70%程度だと思います。昨日よりは多少良くなった感じがします。

    引き続き頑張ります!
    ありがとうございました。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます。そうですね、航空機耳栓に関しては耳鼻科で相談してみると良いでしょう(耳抜きが苦手な人には効果的な製品だと思います)。鼓膜の「バキッ」が継続しているのが気になりますので、念のため鼓膜の状態は診てもらった方が良いと思います。日々着実に良くなっていると思うので、引き続き頑張って下さい!

  12. うしお より:

    ヒゲもやし様

    コメントありがとうございます。
    さて、昨日通院いたしました。聴力検査の結果、異常のないレベルに戻っているとのことで、内耳炎の完治宣言が出ました。よって、通院は昨日で終了となりました。
    ただ、聞こえは元の状態に戻ったわけではなく、こもり感と耳鳴りは依然として残っており、鼓膜の状態によっては自分の声が右耳だけに大きく響く(大きく聞こえる)症状もまだあるため、お医者様にご相談したところ、「鼓膜の状態は全く問題ありませんので、大丈夫です。ただ、症状が重かったので、完全に回復するまでは時間を要するかもしれませんので、しばらく様子を見て、全く回復しないようであれば、また来院ください」とのコメントをいただきました。また飛行機に関しては、「耳管の機能はもう全く問題ないので、乗っていいですよ」とアッサリ言われてしまいました。

    ヒゲもやし様の闘病記では、完治宣言後、違和感が残られていたと記述されていらっしゃるので、私も気長に頑張るしかないのかなぁ~という感じです。

    毎朝起床して、「きょうは調子はどうかな?」とセルフチェックするのですが、前述しました症状を繰り返す日々ですので、少し焦りが出てきました。本当に完治するのかと・・・。ただ全くダメダメではなく、タイミングによっては一瞬スッキリしたりしますので、ゆっくり回復に向かっているんだと、前向きに考えるようにしています。

    とにかく、今はある意味「辛抱」ですね(^o^;

    引き続き頑張ります!
    ありがとうございました。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます。おお、内耳炎も完治されたのですね!耳管も完全に回復したとのことで、なんだか怒涛の展開ですね。しかし、症状が続いている中での完治宣言は、手放しに喜ぶことができないものですよね。よくわかります。私も完治宣言後、数か月違和感が残っていましたが、気になる事が徐々に少なくなり、半年ほど経過した頃、気が付けばほぼ元の状態に戻っていました。その間、耳鼻科に通院することはありませんでした。ですので、気長に気楽に回復を待ちましょう!

      それと今後、風邪には注意してください。ここで風邪をひいてしまうと、再び中耳炎を発症してしまう事も考えられます。幸いにも当面風邪をひきにくい季節になりますが、油断せず、くれぐれもお身体を大事にしてくださいね!

  13. うしお より:

    ヒゲもやし様

    コメントありがとうございます。
    私の中耳炎ですが、発症から1カ月が経過しましたので、現在の状況をご報告いたします。

    相変わらず耳閉感(こもり感)、耳鳴り、自分の声が患部の右耳に大きく響く、鼻で呼吸をすると空気が出入りする音が右耳に大きく響く等の症状があります。これらの症状は常時ではなく、つば等を飲み込むとほぼ100%右耳の鼓膜が「ドン」というような音とともに動き、その動き終わった位置によって、前述の症状が出るのです。また、常時ではないと言いますのは、しばらくすると自然に通常の状態に戻るのです。
    ただ、耳閉感は変わらずそのまま継続しています。1日のパターンとしては、起床時はスッキリしていて、朝食を食べると鼓膜が動きますので、前述の症状が復活し、日中はその症状が出たり収まったりを繰り返し、帰宅する頃には症状はやや軽くなる・・・という感じです。ちなみに耳抜きは問題なくできています(笑)。

    完治宣言が出ましたので通院をやめてから2週間が経過しましたが、上記のような感じです。ただ、日々ほんの僅かですが、感覚的には回復に向かっているような気もします。

    まだまだ長い闘いになりそうですが、焦らず引き続き頑張りたいと思います。
    (カゼを引かないよう注意しなければなりませんね)

    ありがとうございました。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます!耳閉感や耳鳴りは継続しているようですが、僅かに回復しつつあるとのことなので、良い状況に思えます。今はいろいろと神経質になっていると思われますが、そんな中で回復を実感できているのですから、間違いありませんよ!

      ちなみに私の場合、中耳炎完治後は朝方に耳の違和感を感じる事が多く、時間が経つにつれ正常な状態に近づいていました。そんな日々を繰り返す事半年、一日を通して違和感を感じることがほぼ無くなりました。今思えばかなりの時間を要していますね。ただ当時は違和感があるのが当たり前になっていたので、それほどストレスを感じる事はありませんでした。何より聴力が元に戻っていたので、それほど心配していませんでした。うしお様も同じようにストレスを感じる事が少なくなるといいですね。気が付いたら治ってた、というのが理想ですよね。

      もうしばらくの辛抱です。引き続き頑張って下さい!とは言ったものの、耳閉感と耳鳴りが長期に渡り続くようでしたら、内耳の疾患も疑われますので、耳鼻科で相談してくださいね。

  14. うしお より:

    ヒゲもやし様

    コメントありがとうございます。
    ヒゲもやし様のコメントで気になることがありまして、お聞きするのですが、ヒゲもやし様の耳鳴りの症状は、いつ頃無くなったのでしょうか?ヒゲもやし様の闘病記を再度拝見いたしましたが、耳鳴りの終息宣言が無かったような感じですので、ご教授いただけると幸いです。他のコメントをされているお仲間の方々も耳鳴りを気にされた方は殆どいらっしゃらないようですので、余計に気になってしまいました。

    ちょっと大丈夫かなと思い始めました。。。(涙)

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます。耳鳴りですが、鼓膜切開してから数日間はひどい耳鳴りに悩まされました。その後は聴力検査をする際に耳鳴りが気になる事がありましたが、日常生活においてはあまり気にならないレベルだったと思います。そのため耳鳴りの終息宣言が無かったのかもしれません。他の方からのコメントでも耳鳴りは一時的なもので、継続する方は少ない印象です。ただし、耳鳴りは気にすれば気にするほど大きく聞こえてくるもので、ストレスも起因します。中耳炎のストレスから耳鳴りが増大していることも考えられるので、中耳炎が完治した今は徐々に耳鳴りも減っていくとも思われます。もし今後も耳鳴りが継続するようでしたら耳鼻科の先生に相談した方が良いでしょう。ただし、気分転換も大事ですよ!耳鳴りを忘れるくらいに集中できる何かを行うことも良いかもしれません!

  15. うしお より:

    ヒゲもやし様

    耳鳴りについてのコメントをいただき、ありがとうございます。
    ヒゲもやし様は徐々に気にならないレベルになられたとのことですね。
    私は中耳炎ど真ん中の時期と比較すると耳鳴りのボリュームは下がりましたが、キーンという耳鳴りが続いています。ですが、日常生活には殆ど影響はありませんから(幸いにも睡眠にも影響はありません)、やはり当面は様子見ですね。
    *聴力は、ほぼ平常時に戻っております。

    ヒゲもやし様がご指摘のストレスも否定できませんね。回復のスピードが遅いため平常心を保つことがなかなか難しい状況ですので、仕方がないのかもしれません。

    ところで耳閉感ですが、きょうはあまり気になりませんでした。
    明日もこの調子が継続することを祈りたいです。

    ありがとうございました。

    うしお

    • ヒゲもやし ヒゲもやし より:

      うしお様

      コメントありがとうございます!耳鳴りは静かな環境だと余計に気になってしまいますが、睡眠時への影響もないとのことなので、それほど酷くは無いと思われますね。電話で相手の音声が問題なく聞き取れるレベルならば、様子見で良いかと。徐々に耳の調子が良い日が増えてくると思いますよ~

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

chg_d001
中耳炎との闘い それはひどい鼻風邪から始まりました (発症1~2日目)

こんにちは、ヒゲもやしです。このブログに訪問されたのが初めての方は、まずはこちら …

chg_d007
鼓膜切開の翌日 耳の奥から様々な液体が出てきます…の巻 (発症6日目)

こんにちは、ヒゲもやしです。昨日は朝から耳の激痛に悩まされ、近所の耳鼻科に駆け込 …

chg_d005
耳鼻科編 やっぱり中耳炎でした!痛すぎる鼓膜切開と処置後の様子 (発症5日目昼)

こんにちは、ヒゲもやしです。鼻風邪を放置していたら、耳に違和感を感じ、5日目の朝 …

chg_d003
中耳炎の初期症状?なにやら耳の様子がおかしいぞ!(発症4日目)

嘉門達夫ファンのヒゲもやしです。よく聴く曲は「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」と「小市民 …

chg_d009
中耳炎を発症して1週間経過、改善した症状と改善しない症状について (発症8~11日目)

一年12ヶ月のうち、8カ月はビーチサンダルですごすヒゲもやしです。ビーチサンダル …